中国・河北省邯鄲市で今観光客の人気を集めているのが、標高1180mの位置に設置されたガラス張りの歩道。

真下の景色が丸見えというだけでも足がすくみますが、歩道にはさらに恐ろしいギミックが隠れていました。

動画をご覧ください。

 

[動画を見る]
Tourists terrified of cracking glass bridge prank - YouTube


ツアーガイドの男性が歩道を歩いていると、突然足元のガラスが割れ始めたっ!?


「うわぁぁ」と声を上げ、その場に倒れ込むガイドの男性。
観ているこちらも思わずヒヤッとしますが……実はこれ、観光客を驚かせるための演技!

[画像を見る]
センサーによって、まるで足元のガラスが割れているかのような視覚効果を生み出す仕掛けがあるのだとか。
「バリバリッ!」というリアルな効果音も、いい味を出しています。

[画像を見る]
あまりの恐怖に、本気で腰を抜かしてしまう男性も……。

ちなみに中国では2年前、別のガラス張り歩道で、オープン後わずか2週間でヒビが入るという事故があったばかり。

今回のガラス張り歩道の仕掛けをジョークとして楽しむには、なかなかの勇気が要りそうです。

【中国のガラス歩道が怖すぎて…本気で腰を抜かす人も(動画)】を全て見る