フェレールや19歳ティアフォーが初戦突破[ヨーロピアン・オープン]

写真拡大

「ヨーロピアン・オープン」(10月16日〜10月22日/ベルギー・アントワープ/ハードコート)のシングルス1回戦で、第5シードのダビド・フェレール (スペイン) は、ステファノ・トラバグリア(イタリア)と対戦し、マッチポイントを握られるものの、4-6、6-4、7-6(3)で勝利し、2回戦に進出した。

フェレールは第3セット、4-5のサービスゲームで30-40と不利な形勢になったものの、3ポイント連続獲得でこのゲームをキープし勝利をもぎ取った。

またネクストジェネレーションの19歳、フランシス・ティアフォー(アメリカ)は、フロリアン・マイヤ ー (ドイツ) を6-3、 6-4で下し、来月ミラノで開催される「ネクストジェネレーション・ATPファイナル」に初出場するチャンスを広げたとATP公式サイトが報じている。ティアフォーはレース・トゥ・ミラノで現在10位。出場選手8名のトーナメント戦に、レースの上位7名が出場権を獲得する。8番目の出場権は、イタリアで開催される21歳以下トーナメントの勝者に別枠で与えられる。

ティアフォーのレースポイントは662で、7位のチョン・ヒョン (韓国) との差は98。ティアフォーは2回戦で世界ランキング10位のダビド・ゴファン(ベルギー)と対戦予定で、世界トップレベルを相手にどこまで食らいつけるか注目だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ヨーロピアン・オープン」で2回戦に進出したフェレール(全米オープンのときのもの)
(Photo by Elsa/Getty Images)