浦和黄金期の名ボランチが10年ぶりのACL決勝進出を祝福! 「新たな歴史を刻んでほしい」

写真拡大

上海上港に勝利後、鈴木啓太氏が公式ツイッターを更新 「レッズおめでとう!」

 浦和レッズは18日、ホームの埼玉スタジアムでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝、上海上港(中国)との第2戦に臨み、前半11分に生まれたFWラファエル・シルバのゴールを守り切って1-0と勝利。

 2戦合計2-1として、優勝した2007年以来、10年ぶりの決勝進出を果たした。

 元ブラジル代表FWフッキ、同MFオスカルらを擁する上海上港との運命の一戦で、浦和は気迫のこもったプレーを見せた。屈強な相手との局面勝負で一歩も引かず、複数人で連動しながら出足の鋭い守備を見せていく。第2戦のスコアは1-0と最少得点差だったものの、勝者に相応しいパフォーマンスを披露していた。

 この奮闘ぶりに、10年前のアジア優勝メンバーが祝福のメッセージを寄せた。卓越した危機察知能力を武器に、黄金期を支えた名ボランチの鈴木啓太氏が、試合直後に自身の公式ツイッターを更新。「レッズおめでとう!」と一言のみのメッセージだったが、そこにはJリーグ勢として再び歴史の扉を開いたことへの万感の思いが込められているようだった。

 そして一度目のツイートから20分後に、二度目のメッセージを発信。ピッチ上で気迫のこもったプレーを見せた選手たちへ、「10年前、どんな想いで闘っていたのか思い出させてくれた。新たな歴史を刻んでほしい。Go Reds!」と綴った。

決勝はサウジアラビアのアル・ヒラルと激突

 鈴木氏も出場した2007年大会の準決勝は、城南一和(韓国)との死闘だった。敵地での第1戦に2-2で引き分けると、ホームでの第2戦は一時1-2とされるも追いつき延長戦へ。120分間を戦っても決着つかず、PK戦を5-3で制して決勝に進出した。

 死闘を乗り越えた浦和は決勝でセパハン(イラン)と対戦し、敵地での第1戦を1-1とするとホームでの第2戦に2-0と勝利し、アジアの頂点に立った。

 10年の時を経て再びACL決勝の舞台に立つ浦和を待ち構えるのは、サウジアラビアのアル・ヒラル。対戦順も同じく、第1戦がアウェー、第2戦がホームとなる。2度目のアジア制覇へ、黄金期を知る鈴木氏の「新たな歴史を刻んでほしい」との思いは、浦和サポーター、そして日本のサッカーファンにとっての切なる願いとなっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images