【断言】この方法なら書類がなくなるはずがない

写真拡大 (全10枚)

保管に困り、気がつけばデスクの上にうず高く積もる書類。電子化を叫ばれて久しくなりましたが、日本は依然として書類社会です。そこで今回はiPadとスキャンアプリを使ったカンタン書類管理術を紹介します。取り出す頻度の低いものは全てデータ化してしまいましょう。


iPad×AdobeScanで
書類はその場すぐデータ化


書類をコピー機でスキャンするのって、面倒ですよね。そこで、スキャンアプリを使いたいところですが、スマホは画面が小さすぎて、どうもスキャンしにくいということも。そこで、オススメしたいのが、iPadを使ってのスキャンです。



Adobe Scan
作者名:Adobe
価格:無料

実はAdobeによるスキャンアプリは非常に高精度。モノクロの文書を数枚認識するくらいならばスキャナーが完全に要らなくなるほどだ。出先でさっとスキャンできるので、なくす前に書類を確実にデジタル化することができます。

使い方は簡単で、操作性も抜群です。




カメラを合わせるだけで自動的にシャッターを切ってくれます。しかもあっという間にスキャンできてしまいます。



Adobe Acrobatを介することで書き込みにもスムーズです。iPadでの使用を考えると嬉しいポイントです。



文字を認識して注釈をつけるなんてことまでできてしまいます。



さらに、Adobeアプリに書き出しをすれば、読み取ったスキャンから文字をデジタルデータとして認識することができます。

ただし、いかに高性能なスキャンでも現状の精度では紙にペンで書いた文章をデジタル化することは難しいです。この点は非常に残念です。

一方で、ファイル管理はiPad用USBが便利です。



AddOn
ライトニングUSBメモリー
購入価格:3700円

Lightning端子を介してiPadに使用できるUSBメモリ。オフラインの時のデータ移行も問題なく、スキャンしたデータの管理にはもってこいのガジェットです。



サイズはかなりコンパクトです。持ち運びも便利。



写真などのバックアップにも活躍します。

以上、iPadのスキャンアプリを紹介しました。昔に比べて精度が高くなったスキャンアプリがかなり使えます!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。