MOMは阿部勇樹…10年ぶりの決勝へ「大勢の仲間がいるので大丈夫!」

写真拡大

 AFCチャンピオンズリーグ準決勝第2戦が18日に行われ、浦和レッズは上海上港を1−0で下し、2戦合計2−1で決勝進出を決めた。

 この試合のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれたMF阿部勇樹は「まず失点しないことを意識して、みんなで恐れず戦っていこうと話していました」と振り返り、「もうちょっと点が取れたらもちろんよかったけど、無失点で勝ててよかったです」と完封勝利を喜んだ。

 10年ぶりの決勝進出。阿部は「簡単ではないですけど、大勢の仲間がいるので大丈夫です! 一緒に頑張りましょう!」とサポーターに呼びかけた。

 決勝は第1戦が11月18日にアル・ヒラルのホームで、第2戦が同25日に浦和のホームで開催される。