浦和が10年ぶり2度目のACL決勝進出! 上海に2戦合計2-1で勝利、決勝はアル・ヒラルと激突

写真拡大

攻守に集中切らさずホーム第2戦に1-0勝利 2007年以来の決勝進出を果たす

 浦和レッズが優勝した2007年以来となるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝進出を果たした。

 18日のACL準決勝第2戦、上海上港(中国)との一戦で、浦和は前半11分にFWラファエル・シルバのゴールで1-0とすると、その1点を守り切って2試合トータル2-1での勝ち抜けを決めた。

 試合前にはゴール裏の浦和サポーターが「THIS IS URAWA」と形どった壮大なコレオグラフィーを作り上げ、バックスタンドにはクラブのエンブレムが描かれた大きなバナーが掲示された。平日のナイトゲームにもかかわらず、多くのサポーターが駆けつけた一戦は浦和の圧倒的なホームの雰囲気の中でスタートした。

 敵地での第1戦を1-1で引き分けた浦和は、この第2戦で初戦に続いて対人プレーの強さを持つMF長澤和輝をインサイドハーフに起用。すると、その起用が的中した。前半11分、敵陣左サイドで長澤が粘ってCKを奪い取る。すると、そのCKをMF柏木陽介が中央に入れ、FW興梠慎三の背後に走り込んだR・シルバが頭でぴたりと合わせてゴールを奪った。

 上海は前線のタレントを生かすことを狙ってきたが、浦和は元ブラジル代表FWフッキに左サイドバックの日本代表DF槙野智章、中国代表FWウー・レイに右サイドバックの日本代表DF遠藤航が対応。FWエウケソンをDF阿部勇樹とDFマウリシオが監視し、元ブラジル代表MFオスカルにはMF青木拓矢を軸に中盤が対応した。

 フッキは同24分にゴールから約30メートルの直接FKを狙うなどセットプレーで存在感を見せたが、流れの中では浦和守備陣が封殺。一進一退のゲームは、浦和が2試合トータルのスコアを2-1としたまま前半を終えた。

Jリーグ勢としては08年G大阪以来の決勝進出

 後半に入ると、上海がより攻撃の圧力を強めて浦和は自陣で耐える時間が続いた。同11分には久しぶりの攻撃で左CKを奪うと、柏木のキックに槙野が頭で合わせたが、惜しくもクロスバー直撃でゴールならず。それでも槙野は同19分に得意の右45度からドリブル突破を仕掛けたフッキを粘り強い守備で封じ込めるなど、対人能力の強さを見せた。

 浦和は同24分には阿部がドリブルで持ち上がって上げたクロスに興梠が頭で合わせるチャンスを得たが、相手GKのファインセーブでゴールならず。直後に先制ゴールのシルバに代えてFWズラタンを投入し、そのまま右ウイングのポジションを入れ替えた。

 同33分にはフッキの強烈ミドルをGK西川周作が弾いたところをFWエウケソンに狙われたが、素早く体勢を立て直した西川が距離を詰めてブロック。ギリギリのシーンを守り切ると、浦和は最後まで最終ラインが高い集中力を保って対応。4万4357人を集めた一戦はそのままのスコアで終了し、浦和が2戦トータル2-1で準決勝を突破した。プレーヤー・オブ・ザ・マッチには最終ラインを統率した主将の阿部が選出された。

 浦和は優勝した07年以来10年ぶり、Jリーグ勢としても08年に優勝したG大坂以来の決勝進出となり、西地区を勝ち上がったアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦する。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images