清水の“元主将”現役引退に日の丸戦士が惜別メッセージ 「浩太くんのプレー大好きでした!!」

写真拡大

プロ生活15シーズンを過ごした杉山が現役引退を発表

 J1清水エスパルスは18日、MF杉山浩太の今季限りでの現役引退を発表した。

 現在32歳の杉山は地元静岡市の出身で、清水ジュニアユースからの生え抜き選手としてサポーターからの人気も高かった。2003年にトップデビューし、08年から2シーズンは柏レイソルへ期限付き移籍。キャリアを通じて怪我にも苦しんだが、持ち前のリーダーシップを発揮し、特に主力が離脱した近年はキャプテンも務めるなど、J2降格を味わうなど苦境に喘いだチームをピッチ内外で支え続けた。

 引退に際して杉山は、「体が小さかった自分にはプロは厳しいと思われたかもしれないですが、エスパルスはずっと見守ってくれました」と、長い年月を過ごしたクラブに感謝。「15年のプロ生活を送らせていただきましたが、タイトルを獲ることができなかったことは自分としては心残りです」と悔いを残す思いを打ち明けたうえで、「今あらためて思うことは、エスパルスに入って本当に良かったということです。エスパルスでなければ、このようなサッカー人生を送ることはできなかったでしょう。それは自分の誇りですし、これからもエスパルスファミリーの一員として、いつまでも見守っていきたいと思います」と、“クラブ愛”を語っている。

 この一報を受けて、かつての戦友が続々と惜別メッセージを送っている。

元同僚の岡崎、大前がメッセージを寄せる

 現在はプレミアリーグのレスターで活躍する日本代表FW岡崎慎司は、2学年上の先輩の引退に自身の公式ツイッターで「浩太くんのプレー大好きでした!! 本当にお疲れ様でした」とコメントを寄せた。

 また清水で通算9シーズンを過ごし、今季大宮アルディージャに移籍したFW大前元紀も公式ツイッターを更新。「僕が尊敬する先輩が1人引退を発表しました。言葉では言い表せないほどお世話になったし勉強させてもらったし可愛がってもらいました。そして1人の人としても大好きな人です。すごく寂しいけど本当に浩太君長いプロサッカー生活お疲れ様でした」と、長年にわたってともにチームを支えた元キャプテンの決断にコメントを寄せた。

 もっとも、第29節を終えたJ1リーグで清水は勝ち点29の14位、大宮は勝ち点23で降格圏の17位と、激しい残留争いを繰り広げている。杉山が「プロになったときの気持ちをもう一度思い出して、自分自身も納得のいくシーズンで終えられるよう、最後までチームの力になりたいと思います」と語れば、大前も惜別メッセージの最後に「僕も後残りの試合残留する為に全力で頑張ります」(原文ママ)と、語っていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images