“00ジャパン”を支えてきたMF福岡慎平(京都U-18)

写真拡大

[10.17 U-17W杯インド2017 決勝T1回戦 日本0-0(PK3-5)イングランド]

  清々しい表情で取材陣の前に姿を見せた。“00ジャパン”を支えてきたMF福岡慎平(京都U-18)はイングランド戦を振り返り、「特に後半は自信を持って、チャレンジャー精神をもってどんどんいけた」と胸を張った。

「グループリーグは自分たちらしいサッカーができなくて、戦う部分も出せなかった。イングランド戦はもう一回、原点に戻って戦う気持ちで泥臭く勝ちにいこうと話していた。ゴリさん(森山監督)らしいプランで、いい守備からカウンター、チャンスを作れた。小林(友希)選手たちがゴール前で体を張ってくれた」

 第2戦フランス戦(1-2)、第3戦ニューカレドニア戦(1-1)と悪い流れが漂っていたが、中2日で修正に成功。「2試合目、3試合目はピッチ内の会話が少なくて、改善しないといけないと思った」。完全オフとなったニューカレドニア戦翌日はチーム内の会話が増え、「いい雰囲気になった」。前日16日は冒頭15分を除く初の非公開練習。“イングランド対策”のイメージを共有し、格上チームを破ろうと結束。迎えた本番はプラン通り攻守に泥臭く、全員がハードワークで戦い抜いた。

 ピッチ内外で高いリーダーシップを発揮した。積極的にコミュニケーションを図って連携を築き、絶妙なポジショニングで攻守のバランスを取った。ボランチの相棒MF平川怜(FC東京U-18)と縦関係になって10番のFWアンヘル・ゴメス(マンU)ら攻撃の起点を潰すと、的確な状況判断でDFラインのサポートにも入り、90分間を無失点に抑えた。死闘の末にPK戦で惜敗したが、キャプテンは真っ先にミスした仲間に駆け寄り、声をかけた。

「森山監督の下でプレーできて幸せでした。世界一の監督にしたかったけど、僕自身にとっては世界一の監督です。この2年半、このメンバーでやれて楽しかった。遠征があるたびに楽しみで仕方なかった」

 大会で7試合を戦うファイナリストという目標は果たせなかったが、夢の続きはここから始まる。「このメンバーで優勝して終わるのが一番だったけど、これから五輪、A代表でみんなと会えるように、優勝できるようにしたい」。2年半で吸収した“森山イズム”を糧に、日本の未来を背負うリーダーへと進化を遂げていく。

(取材・文 佐藤亜希子)


●U-17W杯インド2017特集ページ