初対面同士の犬が接触することに注意が必要な理由

犬を飼っていると、「犬って、本当にいろんな性格の子がいるんだな」と感じることが多いと思います。
特にドックラン、散歩、病院などで、他の飼い主さんが連れているワンちゃんを見る機会があると、どんな犬でも問題なく挨拶できるコ、上手に他のワンちゃんとも遊べるコ、逆に全く犬と遊べないコ、どんな犬が来ても攻撃的な態度を取ってしまうコ…。
我が家の愛犬「めいぷる」は、残念ながら、非常に犬見知り、人見知りが激しく、初対面の人、初対面のワンちゃんには、かなりうるさく吠えかかってしまうタイプです。

散歩の途中や、ドックランに連れて行っても、最初はしっぽを振って、他のワンちゃんに寄って行き、相手のお尻の匂いを嗅ぐのですが、逆に相手が匂いをかぎに来ると、突然「何やってんのよ!誰がニオイを嗅いでいいって言った?!」と言わんばかりに吠えつきます。
当然、相手のワンちゃんも飼い主さんもびっくりしますよね。
幸い、今までは「初対面の犬に挨拶に行って、突然吠えかかる」という、迷惑な行為を何度となく経験しても、咬み付かれることも、咬み付くこともありませんでしたが、いつ、そんな事故を起こしても不思議ではない状況です。
犬が本気になって怒ると、牙をむき出し、ものすごい力で相手を攻撃します。
仲裁に入る飼い主さんの手や、腕を咬んで怪我を負わせてしまうことも充分に考えられます。
もちろん、いつか私自身も、興奮した相手のワンちゃんやめいぷるに咬まれて、大怪我をするかもしれません。
そんな危険を回避するためにも、初対面の犬同士が挨拶しあう時は、どんなに穏やかで犬慣れしたワンちゃんであっても、注意を払うに越したことは無いのです。

ー匆餡修出来てない犬もいる、ということを知っておくこと

めいぷるは、普段、家族に対しては朗らかで、快活で、一度心を許した相手に対しては、いつでもとても友好的です。
それは、ワンちゃんにも言える事ですが、残念ながら、めいぷるが心を許しているワンちゃんは、この世界にたった3匹しかおらず(全てシニア男子のラブラドール)、それ以外のワンちゃんは、全て「敵」に等しい存在のようです。
なんとか他のワンちゃんとも仲良く挨拶できるようになってほしい…と、いろいろと調べてみると、おそらくめいぷるは、「犬の社会化」が出来ていないのだと分かってきました。
そうすると、見た目は大人しそうでも、犬同士のあいさつが出来ない、犬同士とうまくコミュニケーションが取れないワンちゃんは、割とよく見かけることに気がつきました。

しっぽを振っている=友好的なサイン、ではない

犬を注意深く観察したり、犬についていろいろと調べていると、「犬のボディサイン」で、犬の感情を察することが出来ます。
犬を飼う前は、「しっぽを振っている犬は喜んでいる」と思っていましたが、実際は、足を踏ん張って、しっぽを高く上げ、小刻みにしっぽが震えている時は、「こっちに来たら、やっつけてやる!」というファイティングポーズに近い感情だと言うことが分かりました。
さらに、甘える時に「クンクン」と鼻を鳴らすことがありますよね。
が、それと同じようにしっぽを振りながら鼻を鳴らす時もあります。
この場合は、「仲良くしようよ!」という意味ではなく、「早く勝負をつけよう、こっちに来いよ!」と相手を煽って、鼻を鳴らすケースもあるのだとか。
このように、ご自分の愛犬のボディサインも知っておくべきですし、他のワンちゃんと上手に挨拶出来るようになりたい、あるいは、上手に挨拶出来なくても、せめて、トラブルに遭わないようにしたい…と思っているのなら、犬のボティサインやカーミングシグナルなどについて、知っておくべきだと思います。

カーミングシグナルを知っておくと便利

カーミングシグナルとは、犬に生まれつき備わった非音声的言語を言います。
現在、27個に分類されているそうですが、いくつかこのカーミングシグナルを知っておくと、犬の気持ちがよく分かるようになります。
そのうちの一つに、「目を逸らす」というカーミングシグナルがあります。
人間なら、初対面の相手に向かって目を逸らすと、「全く興味がありません」と言われているような気持ちになりますが、犬は違います。
「目を逸らす」という行為は、「私はあなたに敵意はありません」と相手の犬に伝えるカーミングシグナルなのです。
このように、犬達独特の言語とも言えるカーミングシグナルを知っておくと、初対面の犬同士を挨拶させるときに、お互いのワンちゃんがどんな感情なのかを予測することが出来るので、ぜひ、いくつか頭に入れておくことをオススメします。

犬嫌いの犬もいることを知っておくこと

例え、カーミングシグナルや、ボディサインを知っていたとしても、人間でも「人嫌い」の人がいるように、犬が嫌いな犬もいます。
もし、ご自分の愛犬がとても上手に他のワンちゃんとあいさつ出来るタイプでも、めいぷるのように人見知り、犬見知りの上、怖がりなコだと、吠えかかられてしまうこともあります。
飼い主さんととても楽しそうに散歩をしていて、愛らしい容姿をしていても、「犬がキライ」なワンちゃんもいると言うことを頭に入れておきましょう。

A蠎蠅了瑤ぜ腓気鵑竜可を得ること

上手に挨拶できるコも、他のワンちゃんと仲良くなる練習をしたいと思っているコも、初めて出会うワンちゃんと挨拶したいと思った時は、必ず相手の飼い主さんに「ご挨拶させてもらっていいですか?」と、「挨拶の許可」を貰いましょう。
「いえ、うちのコは、上手に挨拶出来ないので…」と断られることもあるかも知れませんし、「どうぞ、うちのコはワンちゃん大好きですから大丈夫ですよ」と言ってくれるかもしれません。
まず、飼い主さん同士がにこやかに挨拶しあえば、ワンちゃん同士も「リーダー同士が和やかに挨拶しているから、危険は無いな」と察知してくれます。
なによりも、人と人同士の最低限のマナーでもあるので、必ず、飼い主さんの許可を貰ってから、犬同士を挨拶させましょう。

せ瑤ぜ膽臚海念Щ△気擦襪海函でも焦らないこと

挨拶が上手に出来て、犬同士が打ち解けて、うまくコミュニケーションが取れると、飼い主としても、新しいお友達が出来て嬉しくなりますよね。
けれど、挨拶をするかしないかを決めるのも、挨拶が終わって、その場を立ち去るタイミングも、必ず「リーダーが決める」ということを忘れないでください。
飼い主=絶対的なリーダーという立場を保持しないと、いざ、犬同士の相性が悪くて、ケンカになった時に制止することが出来ません。
挨拶をさせる、と決めたら、焦らず、犬同士のペースに任せて、見守りましょう。

まとめ

初対面同士の犬を挨拶されるときの注意点を以下にまとめてみました。

社会化が出来てない犬もいる、ということを知っておくこと犬嫌いの犬もいることを知っておくこと相手の飼い主さんの許可を得ること飼い主主導で、あいさつさせること。でも、焦らないこと

人間も初対面の人と挨拶するのは、いろいろと気遣いをしたり、緊張したりします。
犬もおなじです。だからこそ、飼い主である私達が、犬の習性を知り、上手に挨拶出来るように心を配ってあげたいですね。