R・シルバ、上海上港戦で貴重な先制ヘディング弾! 浦和、10年ぶりのACL決勝へ前進

写真拡大

敵地での初戦は1-1ドロー、ホームでの第2戦で先制…2戦合計2-1とリード

 J1浦和レッズは、18日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦ホーム上海上港戦で先制ゴールを挙げ、10年ぶりの決勝進出に向けて大きく前進した。

 浦和は前半11分、敵陣左サイドでMF長澤和輝が粘ってコーナーキックを奪い取る。すると、そのCKをMF柏木陽介が中央に入れ、FW興梠慎三の背後に走り込んだFWラファエル・シルバが頭でぴたりと合わせてゴールを奪った。

 敵地での初戦を1-1の引き分けで終えている浦和は、ホームの圧倒的な大声援の中で2試合トータル2-1とリードするゴールを奪う幸先良いスタートを切った。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images