「むっちゃうまい」 日本代表MF乾貴士が驚嘆、「なんでもできる」日本人選手とは

写真拡大

かつてC大阪で共闘、“華の88年組”アタッカーに言及

 エイバルの日本代表MF乾貴士は、現地時間15日のリーガ第8節本拠地デポルティボ戦は今季初のベンチ外となり、試合は0-0で引き分けた。

 そんななか、乾が自身のツイッターを更新し、ある日本人選手について「むっちゃうまい」と言及している。

 乾は10月6日の国際親善試合ニュージーランド戦(2-1)に後半25分から途中出場し、10日のハイチ戦は先発で後半35分までプレー。長距離移動を含めた代表活動の疲労が考慮されたのか、今季エイバルでリーグ戦全試合にスタメン出場していた乾はデポルティボ戦で初のベンチ外となった。

 日本代表で着実に存在感を高めつつある乾が18日にツイッターを更新。「秋がインスタ始めましたー」と、メッセージを発信した。「秋」とは、かつてセレッソ大阪で共闘したガンバ大阪のMF倉田秋だ。高い技術と走力を備えたアタッカーで、今季からG大阪で10番を背負ってチームを牽引している。

 乾と倉田は、ともに“ハンカチ世代”と呼ばれる華の1988年組。野球界では田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)、ハンカチ王子と呼ばれた斎藤佑樹(北海道日本ハムファイターズ)をはじめ、卓球の福原愛らと同世代の二人は現在、日本代表で再びチームメイトとしてプレーしている。

「強引に始めさせた」と舞台裏明かす

 倉田がインスタグラムを始めたと紹介した乾は、「と、いうか強引に始めさせました 皆さんフォローしてあげてください」と舞台裏を明かしつつ、フォローを呼びかけた。さらに、ハッシュタグでは「#倉田秋 #同い年 #ガンバの10番 #セレッソで一緒にやった」とつながりを強調。そのうえで、乾から見た倉田の印象にも言及している。

「#むっちゃうまい #なんでもできる #インスタは全然できひん笑」

 二人は2011年にC大阪でともにプレーした経験がある。同年夏に乾がドイツ2部ボーフムへ移籍したため、実際の共闘期間は約半年間だったものの、倉田の技術にテクニシャンの乾も驚嘆したようだ。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督から目をかけられるなか、88年生まれ同士の二人は切磋琢磨を続け、ロシア・ワールドカップで同じ舞台に立てるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images