幼稚園児は第19回中国共産党代表大会(19大)の生中継の視聴を強要されている(微博ユーザ)

写真拡大 (全4枚)

 中国共産党は、党への忠誠を愛国とする洗脳を、老若男女、貧富など、場所・環境を問わず幅広く展開している。いたいけな幼稚園児や、死者を弔う葬儀場でさえ例外ではない。

 5年に1度の中国共産党上層部の重要人事を決定する第19回中国共産党代表大会(19大)が10月18日〜24日の日程で北京で開催される。

 党大会に合わせて、甘粛省のある葬儀場には、巨大な19大の開催を「祝う」横断幕が掲げられた。他方、3時間もの党大会の生中継を、幼稚園児や、大学生たちにも講義室での視聴を強いている。

 香港メディア「蘋果日報」18日付によると、中国共産党は、全土の小学校から大学までの教育機関、幼稚園、会社などにも(注:あらゆる組織には共産党支部が設置されている)全ての組織に対して、党大会の開幕式の生中継の視聴を要求した。

おすすめ:党の気分を子供に強いる独裁政権 サードで「嫌韓」小学生に宣伝

 また、地方政府には、公共スペースでは巨大スクリーンで党大会の中継を放映するよう指示した。ほかにも、インターネットのSNS微博は特別放送を流すなど、中国のどこにいても党大会の生放送を視聴できる「サービス」を推し進めた。

 19大の開幕を宣伝する巨大横断幕は、全土の学校機関、鉄道駅、公共広場などで目にすることができる。

 蘭州では葬儀場内にまで横断幕が掲げられており、市民からはひんしゅくを買っている。あるネットユーザは「死を弔うことよりも党大会開催を祝うことが重要か」と、共産党の節操のなさを揶揄した。

幼稚園児は第19回中国共産党大会(19大)の生中継の視聴を強要されている(微博ユーザ)
大学生は第19回中国共産党大会(19大)の生中継の視聴を強要されている(微博ユーザ)
第19回中国共産党代表大会(19大)を「喜ぶ」との宣伝が、葬儀場にも掲げられた(微博ユーザ)

(翻訳編集・佐渡道世)