@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

FCVのプレミアムサルーンとは?

トヨタは、低炭素社会におけるモビリティとして、燃料電池自動車(以下、FCV)の「ファイン-コンフォート・ライド」を東京ショーに出展する。


このクルマは、
・電動車ならではの自由なレイアウト
・水素をエネルギー源とする大電力量
を活かした「プレミアムサルーンの新しいかたち」として提案されるもの。

走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない環境性能と、3分程度の水素充填で充分な走行距離を得られる利便性を追求したという。
 

航続可能距離、約1000km


特徴的な機能としては、車両前方から中央にかけて上下左右に広がりを持たせ、後部にかけて絞り込んだダイヤモンド型キャビンの採用。2列目シートの空間と空力性能を最大化した。


電動車ならではの自由なレイアウトを活かし、インホイールモーターの採用、タイヤの四隅配置やボディ下をカバーで覆うことによって、プレミアムサルーンにふさわしい、高い走行安定性と静粛性を実現させている。

また、水素をエネルギー源とする大電力量を活かし、航続可能距離は、
・約1000km(JC08モード)
に達するという。
 

シート 自由な姿勢に調整可能


3450mmという長いホイールベースを持つこのモデルは、車両サイズが、
全長✕全幅✕全高=4830✕1950✕1650mm
となっており、乗車定員6名というパッケージを実現。

「ウェアリング・コンフォーツ(快適な空間に包まれる)」をテーマに、クルマが単に移動するための「乗り物」ではなく、乗員に移動以外の価値を提供する将来のモビリティを具現化した、とトヨタは話している。


自由な姿勢に調整可能なシートを中心に、エージェント機能やタッチディスプレイを配置し、乗員は自由に情報へアクセスできる。シートレイアウトも自由に調整でき、ファイン-コンフォート・ライドを「個の空間」としても「個×個のコミュニケーション空間」としても使用できるという。