※写真はイメージ

写真拡大 (全2枚)

時々耳にする、夫婦間での不満。

ある女性が、夫に対するこんな言葉をTwitterにつぶやきました。

育児で忙しいのに、夫が協力してくれない。自分のことくらい自分でして。

※写真はイメージ

そのツイートを見た、1児のママであるみゅう(@RakMyu)さん。彼女も、投稿した女性の気持ちに共感する1人でした。

そして、出産時に担当してくれた主治医が、夫に伝えた言葉を紹介。すると、多くの称賛が集まったのです。

主治医が、みゅうさんの夫に伝えたという言葉は…。

ご主人は自分の世話は自分でできるし、放っておいても生きていけます。

赤ちゃんはまだ1人では生きていけないので、お母さんは赤ちゃんを優先するのが当たり前です。

ですよね、ご主人?

「自分のことは自分でできるでしょ?」と、やんわりかつ、しっかりと釘を刺した主治医の言葉。

この言葉は、現在の夫の行動にも影響を与えているといいます。

主治医の言葉に、称賛と共感の声が集まっています。

・とてもいい先生ですね。いうべきことを、きちんといってくれた。

・うちも「自然分娩でないとだめ」と譲らない姑に、先生が話してくれました。いい先生に巡り会えるのは幸福なことですね。

・これが分からない男性は多い。分かってくれるご主人でよかったですね。

いまだに聞く、「夫が育児や家事に協力してくれない」という声。

育児は妻だけではなく、夫の仕事でもあります。互いが協力しあって行うべきことでしょう。

相手を労り、慈しむ…そんな心の重要性を再確認させられますね。

[文・構成/grape編集部]