なぜか佐賀県がポケモン「ロケット団」の団員を募集し始めたゾ!? 年齢性別不問&未経験者歓迎らしい

写真拡大

2017年10月18日、佐賀県庁のサイトに突如、テレビアニメ『ポケットモンスター』シリーズのニャースが登場。「時代がロケット団に追い付いてきたニャ!」と、嬉しそうな笑みを浮かべて呼びかけてくるではありませんか。

ニャースといえば、悪の組織ロケット団の一員としておなじみですよね。とりあえず真相を探らねばと「ロケット団員に興味がある方はこちら」ボタンをクリックしてみることにしました。

【画面が「R」で埋め尽くされてゆく…!】

ぽちっとクリックするや否や、画面のあちらこちらから姿を現したのは、またもやニャース。

ニャースの数はどんどん増えていって、それと同時にサイトの文字が次々にロケット団を表す「R」の文字へと変化。画像も端から順番に「R」に変わり、あっという間にサイトの画面全体が「R」で埋め尽くされてしまいました。

【今度は「ニャース気球」が現れたっ】

いったい何が起きているの? わたしがつかめないでいると、最終的にはどデカい「ニャース気球」のような物体が画面の下から上へ、ふわりと移動。

気球からは何やら黒いチラシがばらまかれていて、「10月25日より佐賀県はロケット団を募集する! 年齢不問・未経験者歓迎」と書かれています。

【何が起きてるんじゃ〜〜い!】

あの、正直言って、佐賀県の目的が全くわからないのですが……。どうして今、ロケット団を募集するの?

そして公開されている「ロケット団採用計画メモ」に書かれた「気球のお祭り絶対成功!!!」だの、「夜空からド派手に登場!!」だのという記載は、どういう意味を持っているのかしら……。

黒いチラシにはオレンジ色の吹き出しもついていて、「10月25日(水)11:00より 当サイトにて生中継(予定)」と書かれています。

真相を知るためには放送日まで待つしかありません。ぐぬぬ、あと1週間も耐えられる自信がない。でも、致し方ない〜っ。

【佐賀県で開催されるあのビッグイベントと関係があるのかも】

ちなみに、わたしが見た一連の出来事を知った長崎県民の知人女性は「佐賀県はまずロケット団より、11月1日から5日間に渡って行われるバルーンフェスティバルを推したほうがいい。アジア最大級のスカイスポーツイベントだし、佐賀県に唯一、人が集まる日なんだから」とボヤいていました。

けれども、ロケット団採用計画メモには「気球のお祭り」とあったことですし、ひょっとするとこの「バルーンフェスティバル」と「ロケット団」が、大きく関係しているのかもしれませんね!?

参照元:プレスリリース、佐賀県 特設サイト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る