ジュゼッペ・アルチンボルド 《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》 1591 年、油彩・板、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden

写真拡大

渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムにて2018年1月6 日(土)〜3月11日(日)まで、「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」が行われる。

神聖ローマ帝国の皇帝・ルドルフ2世(1552-1612)は稀代の収集家、芸術の庇護者として知られている。16世紀末から17世紀初頭にかけて、プラハにあった彼の宮廷には世界各地から優れた人物たちが集結した。

また、人だけではなく芸術作品、科学機器などのさまざまな創作物や、新たに発見された珍奇な自然物などが集められた。そこは「驚異の部屋」というべき膨大なコレクションが形成され、当時のヨーロッパの芸術 文化の一大拠点ともなった。

今回の展覧会は、ジュゼッペ・アルチンボルドを始め、ルドルフ2世が愛した作品を中心に展示される。版画を含む絵画作品約80点、当時のコレクターズアイテムであった工芸品や天文道具約20数点、天文学や錬金術に関する貴重な資料など、合計120点余りで構成される。さらにイッカクの牙や鉱物などの自然物(ナトゥラリア)も併せて紹介。

占星術や錬金術にも強い関心を持っていたという皇帝の、魔術的な魅力に満ちた芸術と科学の世界を体感できる。

<会期>
2018年1月6 日(土)〜3月11日(日)

<休館日>
2018年1月16 日(火)、2月13日(火)

<開館時間>
10:00〜18:00
※毎週金・土曜日は21:00まで
※入館は各閉館の30分前まで

<料金>
一般=1,600 円(1,400 円)
大学・高校生=1,000 円(800 円)
中学・小学生=700 円(500 円)
※ ( )内は前売・20 名様以上の団体料金

<会場>
Bunkamura Gallery(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)

<巡回>
福岡会場) 福岡市博物館
2017年11月3日(金・祝)〜12月24日(日)
滋賀会場) 佐川美術館

2018年3月21日(水・祝)〜5 月 27 日(日)

(2017年10月12日時点の情報)