大粒の涙をこぼすMF上月壮一郎(京都U-18)

写真拡大

[10.17 U-17W杯インド2017 決勝T1回戦 日本0-0(PK3-5)イングランド]

 最後までゴールが遠かった。「目に見える結果がほしい」と野心を燃やしたW杯の舞台。MF上月壮一郎(京都U-18)は「決めきれなかった。自分たちのサッカーはできたんですけど…最後まで決められなかった。1対1の弱さが力の差だった」と言葉を絞り出した。

「10回仕掛けて10回とられても、終わったときに思い残すことがないようにしたかった」。ファーストチャンスは前半4分、自陣からドリブルで運んだFW久保建英(FC東京U-18)が左のスペースにスルーパス。抜け出した上月が中に切れ込んでDFのマークをはがし、迷わず右足シュート。これはGKの正面を突いたが、序盤からミスを恐れず、積極的な縦への仕掛けでチャレンジを繰り返した。

 第1戦ホンジュラス戦、第2戦フランス戦に先発出場。「フランス戦は仕掛ける回数が少なくて後悔していた。イングランド戦は持ったら全部前にいこうと思っていた」。前半終了間際にも息のあった連携から決定的な形を迎え、パスを選択できた状況でも迷わずシュートを選んだが、ネットは揺らせなかった。

 スコアレスで突入したPK戦。1人が失敗したあとの4人目のキッカー。プレッシャーに負けずキックを沈めたが、5人全員が成功した相手にPK3-5で惜敗。チームはここで解散。試合後はこみ上げてくる感情を抑えられず、泣きじゃくった。「すごくいい仲間を持った。全然今日で終わるっていう実感はないんですけど、みんなで後悔しない試合ができた。いいチームだったと思います」。自分らしく、“00ジャパン”らしい戦いで挑戦を締めくくった。

 

(取材・文 佐藤亜希子)


●U-17W杯インド2017特集ページ