ジェニファー・ローレンス演じる妖艶な女スパイの姿が明らかに 『レッド・スパロー』予告編

写真拡大

 『ハンガー・ゲーム』シリーズのフランシス・ローレンス監督×ジェニファー・ローレンス再タッグ作『レッド・スパロー』が、2018年春に公開されることが決定。あわせて、予告編が公開された。

動画はこちら

 本作は、元CIA工作員の作家ジェイソン・マシューズによる同名小説を映画化したスパイ・アクション。男女2人のスパイが互いに惹かれ合いながらも、騙し合いの連鎖へと陥り、自分たちのキャリアや忠誠、そして、国の安全までも脅かしていく模様を描く。

 このたび公開された予告編では、捜査対象を美貌で誘惑することに長けた“スパロー(SPARROW=スズメ)”と呼ばれる女スパイの姿が明らかになっている。バレリーナのドミニカは、事故によりその道を絶たれてしまう。失意の中、母を守るために自分の意に反して、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員になることを決意。そこで彼女は、自分の肉体を使った誘惑や、心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ“スパロー”になるための訓練を受けることに。持ち前の美貌と明晰な頭脳で頭角を表したドミニカは、ロシアの機密事項を調査するCIA捜査官ナッシュに近づくミッションを受ける姿が収められている。

 ドミニカ役をジェニファー・ローレンスが演じるほか、ドミニカと恋に落ちるCIA捜査官ナッシュ役で『ブラック・スキャンダル』のジョエル・エドガートンが出演。また、『さざなみ』のシャーロット・ランプリング、『RED/レッド』シリーズのメアリー=ルイーズ・パーカー、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のジェレミー・アイアンズらが脇を固める。

 ジェニファー・ローレンスは「この映画には、“本気の女の子パワー”があるわ」とコメント。そして、ジェニファー・ローレンスと『ハンガー・ゲーム』シリーズ以来の再タッグとなるフランシス・ローレンス監督は「原作を読んでまっさきに、ドミニカというキャラクターに惹かれた。彼女と同じ状況に置かれたら、自分ならどうするかと誰でも想像するのではないかと思う」とドミニカの魅力について語っている。(リアルサウンド編集部)