UAE代表のザック新監督に海外メディア期待 「日本での最初の18カ月を再現できれば」

写真拡大

ザックジャパンの序盤を評価「カガワ、キヨタケ、ホンダ…。最初は成果を挙げた」

 元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏はUAE代表監督に就任した。

 2022年ワールドカップ(W杯)アジア予選などで日本の眼前に立ちはだかる可能性のあるイタリア人指揮官について、海外メディアは「日本での最初の18カ月を再現できれば、ハッピーエンディングになる」と分析。2011年のアジアカップカタール大会で優勝しながら、2014年ブラジルW杯では惨敗という結末に終わったザックジャパン。日本監督時代の輝ける前半戦の再現を期待されている。

「進化は新生UAEにとっての進化にあらず」と特集したのは英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」のアラビア版だった。

 ウディネーゼ、ACミランなどを率いたザック監督だが、2010年に就任した日本代表での働きぶりには評価が集まっている。

「タケシ・オカダの下で、堅牢なディフェンスが築かれた南アフリカで日本は進化した。ザッケローニはチームにより攻撃力を与えようとした。シンジ・カガワ、ヒロシ・キヨタケという若き才能に溢れたMFにチャンスを与えた。そして、ケイスケ・ホンダには大きな責任を与えた。最初は成果を挙げたのだ」

 記事では2010年南アフリカW杯で16強に進出した岡田ジャパンのDF中澤佑二(横浜F・マリノス)とDF田中マルクス闘莉王(京都サンガ)を中心として堅固な守備的サッカーから、攻撃サッカーへの転換を図ったザックジャパンの序盤について評価している。

ザック体制の“つまずき”として挙げたのは…

 就任初戦のアルゼンチン戦で勝利を挙げた。そして、2011年にはアジア杯優勝を果たした。だが、ブラジルW杯プレ大会でつまずきがあったと指摘。「2013年コンフェデレーションズカップは12カ月後の本大会への完璧な予行演習だったはずが、完全な失望に終わった」と特集では酷評されている。プレ大会は3連敗を喫し、9失点と守備が崩れて終わった。

 そして、1年後には悲劇が待っていた。「もしも、コンフェデ杯が失望なら、ブラジルで起きたことには多少の表現方法が存在する。3試合で勝ち点1は不十分。日本人選手のメンタリティーを嘆く新たな外国人監督になった。これは絶対に良い兆候ではない。2011年に若く、輝いていたチームは、3年半後には腐りかけていた。最初の成功の後、3年半ほとんど進化がなかった」と言及。記事では1分2敗に終わったブラジルW杯での日本チームに対して辛辣だった。

 UAE代表を率いるに際しては「もしも、ザッケローニが西アジアで日本での最初の18ヶ月を再現できれば、UAEファンは喜ぶだろう」と分析している。

 日本代表退任後、中国1部北京国安を率いたが、成績不振で解任されるなどキャリアは下降線を辿っていたザッケローニ監督。日本での最初の1年半の輝きを再現できるのか、大きな期待が懸かっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images