“何でもやってくれる”筧美和子、ムチムチの次は『シコシコさまぁ〜ず3』アシスタントに

写真拡大

今年10周年を迎えた『モヤモヤさまぁ〜ず2』(テレビ東京系列)のネットオリジナルコンテンツが、現在「TVer」などのサイトにて配信中。10月15日からは、三村マサカズのドライバー兼放送作家・さかEが考えた企画『シコシコさまぁ〜ず3』がスタートした。

前回まで配信されていた、大竹一樹のドライバー兼放送作家・宮永祐一による企画『ムチムチさまぁ〜ず3』にライバル心むき出しだった、さかE。さらに、『ムチさま』は累計再生数200万回を超える大成功を収めたことにより、相当悔しい思いをしたという。

今回、そんな宮永に対抗するために持ち込んだ企画『シコさま』は、さまぁ〜ずがシコシコガールと一緒につけ麺の素晴らしさを世の中にアピールする“総合つけ麺グルメバラエティ”。「タイトルだけ聞くとド下ネタ」と不安げな表情を見せるさまぁ〜ずだが、さかEは「そのシコシコではない!」と言い張る。

詳しい企画内容を聞くと、「つけ麺店店主同士が熱い対談“ボクらのシコシコ”」「つけ麺好き男女による恋愛生活を観察“シコシコハウス”」などパロディばかり。また、気になる“シコシコガール”については、「まだ決まってない」と言うので、さまぁ〜ずは「先にそれを決めた方がいい」とアドバイス。そこで、来週から「シコシコガールオーディション」を開催することに。その様子をVTRでさまぁ〜ずが見るという、『ムチさま』と同じ体制になることが決まった。

さらに、アシスタントを務めるのも『ムチさま』同様、筧美和子に決定。前回は「ムチムチした女子代表」としての抜擢だったが、今回は「シコシコしたつけ麺大好き女子代表」だという。また、この日着ていた筧のワンピースが大胆に背中が空いていたため、さまぁ〜ずは大興奮。その服のせいもあってか、「筧ちゃん(胸が)より膨らんだ?」とセクハラ発言を連発。筧は笑いながら「たまに、急にそうなります」と話した。

『シコさま』でのV振り(映像をVTRに切り替えること)は、もちろん筧のセクシーポーズから。さまぁ〜ずは「筧ちゃんは何でもやってくれる」と大満足の表情を浮かべていた。

次週(10月22日)からは、いよいよ「しこしこオーディション」の模様を配信。女子たちが怒涛のアピール対決を繰り広げる。