2017年9月の訪日外客数は、前年同月比18.9%増の228万人と、昨年9月の191万8000人を36万人超上回り、9月として過去最高を記録した。写真は東京。

写真拡大

2017年9月の訪日外客数は、前年同月比18.9%増の228万人と、昨年9月の191万8000人を36万人超上回り、9月として過去最高を記録した。この結果、今年1-9月の累計は2119万6000人となり、過去最速で2000 万人を突破した。

東アジア各国で、昨年9月だった祝日が10月にシフトしたことにより旅行の機会が減少したものの、航空路線の拡充や訪日クルーズの増加が後押しし、訪日外客数全体の伸びをけん引した。また、秋季の需要獲得に向けて各市場で実施した訪日旅行プロモーションの効果も、訪日意欲の喚起に貢献した。

9月の訪日客数を国・地域別にみると、中国が前年同月比29.9%増の67万8300人と最も多かった。次いで韓国が29.3%増の55万6900人。続いて台湾34万7800人(0.1%増)、香港16万5500人(26.4%増)の順だった。

また、観光庁が発表した7-9月期の訪日外国人消費動向調査によると、訪日客による旅行消費額は前年同期比26.67%増の1兆2305億円と4四半期連続で前年実績を上回った。国・地域別では、中国が23.5%増の5432億円で一番多かった。中国の消費額は全体の44.1%を占めた。台湾が15.3%増の1490億円、韓国が49.99%増の1361億円。1人当たり消費額は前年同期比6.66%増の16万5412円。中国の1人当たり消費額は4.66%増の23万8385円に達した。(提供/Bridge・編集/Yamaki)