画像提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は18日、燃料電池バス(FCバス)のコンセプトモデル「SORA」を公表した。同コンセプトモデルをベースにした市販型は2018年の発売を予定しており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて東京都を中心に100台以上が導入される予定。コンセプトモデル「SORA」は「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイトで10月25日から開催。10月28日から11月5日まで一般公開)への出展も予定されている。

コンセプトモデル「SORA」は、FCユニットの特性を最大限に生かした路線バス。世のため人のために働くクルマであるからこそ「社会の"奉仕車"」として環境に配慮するとともに、モビリティサービス以外でも社会に貢献できるバスをめざした。また、「人を中心に据えた、ユニバーサルデザインと機能」を重視し、「利便性」「安全・安心」にこだわり「乗ってよかった。また乗りたい」と思われるバスもめざしたという。

「社会の"奉仕車"」としては、燃料電池自動車「ミライ」向けに開発した「トヨタフューエルセルシステム」を採用し、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現。大容量外部給電システムを搭載し、高出力かつ大容量の電源供給能力(最高出力9kW、供給電力量235kWh)を備え、災害時に電源としての利用が可能となった。

「人を中心に据えた、ユニバーサルデザインと機能」では、自動格納機構付き横向きシートによって居住性を向上させたほか、ベビーカー・車いすのスペースに自動格納機構付き横向きシートを新設。ベビーカー・車いす利用者がいない場合は一般利用者も座ることができ、居住性を向上させている。

車内外に配置した8個の高精細カメラがバス周囲の歩行者や自転車などの動体を検知し、運転手へ音と画像で知らせる周辺監視機能を搭載して安全性を向上。モーター走行により変速ショックがないことに加え、急加速を抑制し緩やかな発進を可能とする加速制御機能を採用して、車内で立っている乗客の安全性にも配慮している。バス停への自動正着制御による乗降性向上、「ITS Connect」による利便性向上も盛り込まれた。

デザインは、従来の路線バスに見られる六面体(箱形)から大きく異なる立体的な造形を追求し、前後ランプにLED採用、一目でFCバスとわかる特徴的なデザインとした。「SORA」という名前は、地球の水の循環を表しており「Sky」「Ocean」「River」「Air」の頭文字をつなげたものとなっている。