“和製メッシ”久保建英の働きを英メディア評価 W杯16強惜敗も「印象的だった」

写真拡大

U-17W杯16強イングランドに敗戦も…後半の猛攻で「KUBO」が見せ場

 U-17日本代表FW久保建英(FC東京)は、PK戦の末にベスト16敗退となったU-17ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦イングランド戦で鋭いミドルシュートを放つなど見せ場を作ったが、ゴールならず。

 だが、英メディアは「後半、タケフサ・クボは印象的だった」と和製メッシの存在感を評価している。試合はスコアレスで迎えたPK戦の末に3-5で日本は敗退した。

 久保は2トップの一角でスタメン出場。前半はイングランド攻撃陣に圧倒され、ボールに触る機会がほとんどなかった。強引なミドルシュート1本に止まったが、後半に仕掛けた日本の猛攻で「KUBO」が見せ場を作った。

 後半24分にゴール正面から鋭いミドルシュートを放つ。相手GKの守備範囲内に飛び得点とはならなかったが、英地元紙「ガーディアン」はその働きに注目した。

「日本はハーフタイム後、試合の流れを引き戻した。タケフサ・クボは攻撃で印象的だった」と評価されている。

 日本はPK戦で3人目の喜田陽(セレッソ大阪)が失敗。先攻のイングランドは5人全員が決めて勝利し、久保はキッカーの位置に立つことなく大会を終えた。

「あと1歩のところまでいって勝てなかったのは正直、悔しいです。(イングランドは)強かったですけど、自分たちも十分やれたので、もっと先の景色が見てみたかった」

 こう語った16歳の新鋭は、今大会4試合でグループリーグ初戦ホンジュラス戦の1ゴールのみとやや不完全燃焼に終わったが、その卓越したテクニックは海外メディアの目に留まったようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images