ポルシェから「718ボクスター」と「718ケイマン」に高性能な「GTS」が登場!

【ギャラリー】Porsche 718 Boxster GTS and 718 Cayman GTS16


ポルシェから、ミドシップ2シーターの兄弟車「718ボクスター」と「718ケイマン」に、さらなる高性能バージョンとなる「718ボクスター GTS」および「718ケイマン GTS」が発表された。


「ボクスター」と「ケイマン」のエンジンから2本のシリンダーが減らされた代わりに、ターボチャージャーと車名に「718」という数字が与えられたのは2016年春のこと。自然吸気水平対向6気筒エンジンに替わって搭載された水平対向4気筒ターボは、718ボクスターおよび718ケイマンでは排気量2.0リッターから最高出力300psと最大トルク380Nmを発揮、高性能版の「718ボクスターS」と「718ケイマンS」になると排気量が2.5リッターに拡大され、最高出力350psと最大トルク420Nmを発生する。今回新たに発表された「GTS」は「S」と同じ2.5リッターながら、ポルシェによれば「新開発されたインテークダクト」と「最適化されたターボチャージャー」によって、最高出力は365psに、最大トルクは430Nmに引き上げられた。トランスミッションは6速マニュアルと7速デュアルクラッチ式「PDK」から選べる。このPDK仕様は0-100km/h加速4.1秒、最高速度290km/hと、SのPDKにオプションのスポーツクロノパッケージを装着した場合よりも、それぞれ0.1秒と5km/h速い。なお、GTSではスポーツクロノパッケージが標準装備となる。



エクステリアも控え目に差別化が図られている。フロント・バンパーはグリル周辺が全てブラックで塗られ、リップスポイラーもわずかに強調されている。さらに標準装備となるスポーツエグゾーストシステムのテールパイプや、ヘッドライト・ベゼル、そしてテールに装着されたロゴのバッジもブラックで統一。テールライトのレンズにはティンテッド加工が施される。ドアには同じく黒いGTSのロゴが追加され、標準で20インチにアップしたホイールはサテンブラックで仕上げられている。

インテリアは各部にアルカンターラが多用され、ヘッドレストにGTSのロゴが刺繍された2Way電動調整機能を備えるスポーツシートプラスが標準装備となる。スポーツクロノパッケージのストップウォッチは、ダッシュボード中央のコンポーネントに統合されているという。メーター・パネルにGTSのロゴが描かれているのも確認できる。「ポルシェ トラックブレシジョンアプリ」を使えば、サーキット走行の際などにスマートフォンを接続してドライビングデータの自動記録や表示、分析が可能だ。



日本での販売価格はまだ発表されていないが、718ケイマンS(849万円〜901万4,000円)や718ボクスターS(888万円〜940万4,000円)より高くなることは確実。ちなみにSではオプションだがGTSには標準となる装備を挙げてみると、スポーツクロノパッケージ:32万7,000円、スポーツシートプラス:34万5,000円、スポーツエグゾーストシステム:35万5,000円、アルカンターラのステアリング・ホイールとシフトノブ:13万7,000円と、それだけで合計116万4,000円になる。さらに15psアップのエンジンと、20インチ・ホイール&タイヤも追加されることを考えれば、これらのオプション装備をSに付けるくらいならGTSを購入した方が総合的に見てお買い得になる可能性もありそうだ。ミドシップ・ポルシェの購入を考え中で予算に余裕のある方は、もうしばらくお待ちになることをお勧めしたい(とはいえ、さらに高性能な「ケイマン GT4 RS」なんてモデルが登場するという噂もあることを、念のために最後にお伝えしておこう)。


【ギャラリー】Porsche 718 Boxster GTS and 718 Cayman GTS16


■関連リンク
ポルシェ・ジャパン 公式サイト
http://www.porsche.com/japan/

■関連記事
・【ジュネーブ・モーターショー】ポルシェ、歴史あるナンバーと新開発4気筒ターボが与えられた「718 ボクスター」を公開
・ポルシェ、4気筒ターボ・エンジンを搭載した新型「718ケイマン」の予約受注を日本でも開始