東京地下鉄(東京メトロ)は、銀座駅のリニューアルデザインを決定した。

2015年1月から6月にかけて実施した銀座駅デザインコンペ入賞作品のアイデアなどを活かし、地下にいても地上を感じることができる「銀座のまちの地下1階」をテーマに、銀座らしい“伝統”と“先端”の機能が融合したデザインに仕上げた。

デザインコンセプトは「「憧れの街」 〜 人と街をつなぐ 光のゲートアベニュー」で、出入口は門型の構えにより駅出入口としての存在感と視認性を高めながら、街になじむ素材、光による演出で街と駅をつなぐようにした。各出入口のラインカラーに合わせた、レモンイエロー(銀座線)、シルバーホワイト(日比谷線)、チェリーレッド(丸ノ内線)の光のグラデーションで光の衣を羽織ったような演出から”粋”を感じられるようにした。ホームは銀座の街に相応しい、上品で落ち着きある空間に仕上げ、銀座線のホーム側壁には、一面に古き良き銀座の街並みのイメージを描く。コンコースや改札口も全体の見通しを確保し、天井も可能な限り高くすることで、閉塞感を解消する。

11月からリニューアル工事に着手し、2020年度に完了を予定している。