他人の不幸と言えど心痛むこともあるし、常識のある人間なら笑って良いこと、悪いことの分別だってある。だけど、2次元の世界の出来事となると話は別である。

Gudim Antonの描くのは、大なり小なりの差はあるけれど登場人物たちの「不運な出来事」をオチにしたマンガ。全てセリフがないけれど、シーンを見ただけでじわじわと笑いがこみ上げてくる。もしツボにハマったのなら、我慢せずに思いっきり笑ってしまおう!

空気の読めなさも
ココまでくると……。

求めていたのは、そういうことじゃないよね?

優雅なひと時の裏側

まさかの大ピンチ!

 
すべてをさらけ出した挨拶

お互いの気持ちがわかるホンモノの親友にだけに見せる挨拶。

神様のイタズラ

海の神様が、いつもサーファーたちの味方とは限らない。

芽生えかけた愛

何かと邪魔が入るふたりの関係。

イヤホンを忘れた時

音楽をどうしても聴きたいドクターの苦肉の策。

この苦しみ少しでも

こんな気持ちにさせた相手に特別なドリンク注ぐ。

見え方によっては

姿勢の悪さも胎児の時の姿と思えば……ね?

努力の末に

目指すのは鍛え抜かれたカラダだったはず。それっぽく見えればいいのか?

自分にないもの

高級車に乗って優雅にドライブ。一瞬、一瞬だけカッコよく見えたよね?

Licensed material used with permission by Gudim Anton