犬のサプリメントの種類

犬のサプリメントには、気になる症状を改善するものから病気予防のためのものまで幅広い種類があり、成分もその症状によって全く異なるものが配合されています。

1.関節の痛みを和らげたり関節痛予防のために飲む犬のサプリメント

犬の病気やケガなどで特に多いとされる関節のトラブルは、一度痛めてしまうとなかなか改善されません。犬は痛い事を隠そうとするので、飼い主さんが気が付いた時にはすでに悪化していたという場合も少なくありません。特に関節が弱い犬種や、老化による関節の疾患が予想される場合などに予防のため飲ませている飼い主さんや、お薬でもなかなか改善されない関節の痛みを和らげる事を期待して飲ませている飼い主さんが多いようです。

成分はグルコサミンやコンドロイチンなど、人間用のサプリメントでもお馴染みの成分です。

2.アトピーなどのアレルギー症状が出やすい犬のサプリメント

人間だけでなく、犬にもアトピー性皮膚炎のように体が痒くなってしまうアレルギーを持ったワンちゃんがたくさんいます。アレルゲンを特定できてもなかなか改善しない。そんな時に飲ませてあげたい、腸内環境を整えて免疫力を上げ、症状が出づらくなり痒みも改善できるサプリメントです。

成分はセサミンやビタミンEが配合されているものや、アガリスクを配合しているものが多いです。

3.眼病予防や目に疾患がある時の犬のサプリメント

シーズーなど目の病気になりやすい犬種や、シニア犬がなりやすい白内障の予防のために与えるサプリメントです。アントシアニンやアスタキサンチンやルテインなどが配合されているものが一般的で、視力を低下させないようにするために与える飼い主さんも多いです。

4.肥満が気になった時に与える犬のダイエットサプリメント

脂肪燃焼効果を高める事で、犬のダイエットをサポートするサプリメントです。食べた物を速やかにエネルギーへと変える事で、脂肪を付きにくくする事ができる効果が期待できます。成分はアルギニンやカルニチン、ラクトフェリンなども配合されている場合が多く、なかなか体重が落ちない犬や肥満による疾患が気になる飼い主さんの間で密かに話題になっています。

5.シニア犬のためのサプリメント

7歳を過ぎた頃から犬はどんどん老化が始まっていきます。毛艶にも若々しさが失われてきたり、寝てばかりいるようになったりするのが一般的で、足腰も弱っていくのがこの頃からです。
そんな老化現象が気になり出したら、青魚などの成分でお馴染みのEPAやDHAの配合されているサプリメントが老化のストップをサポートしてくれます。シニア犬用のサプリメントは、少しでも長く愛犬と一緒に生活したいという飼い主さんの間で人気です。

犬のサプリメントの効果

犬のサプリメントに効果はある?

人間のサプリメントもそうですが、とかく問題になりがちなのが「サプリメントの効果」という言葉。効果という言葉を用いるのであれば医薬品に限ると薬事法で定められているので、このサプリメントにはこんな効果がありますと言う事は禁止されています。

犬のサプリメントは、あくまでも食品の成分や栄養分を抽出し作られたものなので、ドッグフードからでは摂りきる事ができない必要な栄養分を手軽に摂る事ができるものと考えましょう。

確かに、体に良いと言われている食べ物の栄養成分はたくさんありますが、毎日必要な量を摂ろうとするとカロリーオーバーしてしまい、肥満の原因にもなります。

犬のサプリメントは目的に合わせたものを毎日与える事で、気になる症状が徐々に改善されていく事が期待できるという位置づけになります。決してサプリメントで怪我や病気が治るという効果は無いので、お薬代わりとして使用しても意味がありません。

犬のサプリメントのメリット・デメリット

お薬のような効果は無いにしても、サプリメントを続ける事で体を良い状態に近づける事ができるでしょう。サプリメントであれば犬の健康状態などを見て気になるところがある場合、そこを集中して改善するためのものを与えることができます。また、犬にサプリメントを与える事で、一番のメリットは太らせる心配無く必要な栄養分を補給してあげる事ができるという点です。

犬のサプリメントのデメリットとして、副作用が起こる心配があるという事を覚えておいてください。サプリメントに含まれている成分の中には、犬にとってアレルゲンになってしまうものもあります。初めてのサプリメントを与える時は、その後の犬の状態に注意する必要があります。また、少量から与えて様子を見るなどの工夫も必要です。

まとめ

犬のサプリメントには、その症状や予防したい病気によって選ぶことができるほど様々な種類があります。但し、犬のサプリメントは効果を求めて与えるのでは無く、改善しやすい体づくりのために与えてあげるものだと認識してください。サプリメントさえ飲んでいれば治っていくと考えるのは、危険な判断です。病気の場合は医師の診断を受け、サプリメントについても相談してから与えるようにしましょう。