「豚肉のれんこんはさみ焼き」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:Mako(多賀正子) 撮影:福岡拓

写真拡大

ひき肉を使った料理と言えば、ハンバーグやそぼろなどが定番。使い回しがきくのがうれしいですが、「料理のバリエーションが少ない…」と感じることもありますよね。今回は、ひき肉とれんこんを使った料理5品をご紹介。れんこんの食感とボリューム感を楽しみましょう。

ほかにもいっぱい!「ひき肉とれんこんのレシピ」をチェック!

■ 【豚肉のれんこんはさみ焼き】(507Kcal、塩分2.4g、調理時間25分)

<材料・2人分>

肉だね(豚ひき肉 200g、おろししょうが 大さじ1、長ねぎのみじん切り 10cm分、しょうゆ 小さじ1、こしょう 少々)、かぼちゃ 小1/8個(150g)、れんこん 6cm(約250g)、白いりごま 少々、合わせ調味料(しょうゆ 大さじ1と1/3、砂糖、みりん 各大さじ1)、小麦粉、サラダ油

<作り方>

1. かぼちゃは縦5mm厚さのくし形に切って横半分に切る。れんこんは12枚の輪切りにし、両面に小麦粉大さじ2〜3をまぶす。

2. ボウルに肉だねの材料を入れ、粘りが出るまでよく練り混ぜて6等分する。れんこんを2枚1組にして肉だねをはさみ、穴にもしっかり詰める。2枚のれんこんで肉だねをはさんだら両手でぎゅっと押さえ、れんこんの穴の中まで肉だねをたっぷり詰める。

3. 大きめのフライパンに油大さじ1を熱し、2とかぼちゃを並べ入れる。約3分焼き、それぞれにこんがりと焼き色がついたら上下を返してさらに約2分焼く。水大さじ2を加えてふたをし、約2分蒸し焼きにし、かぼちゃを取り出す。フライパンに合わせ調味料を加えてはさみ焼きにからめる。器にかぼちゃと盛り合わせ、フライパンに残った汁を全体に回しかけて、ごまをふる。

れんこんのシャキシャキとした食感とジューシーな肉汁を一度に楽しめます。一緒に炒めたかぼちゃにはほのかな甘みも感じられて、味のバリエーションが豊富。ご飯のお供としてぴったりの1品ですよ。

■ 【れんこんサンド焼き】

粒マスタードソースで洋風仕立てに。れんこんに肉だねを詰めてしっかり貼り合わせましょう。

■ 【れんこんのはさみ蒸し】

レンチンで作れる時短料理です。れんこんで挟んだ肉だねを約4分加熱してから万能ねぎをかければ出来あがり。

■ 【れんこんの肉詰めステーキ】

練り混ぜた肉だねの上かられんこんをトントンとついて穴に詰めて。たっぷり詰まった肉でうまみがアップ。

■ 【れんこんの照り焼き】

すりおろしたれんこんを加えてヘルシーに仕上げています。ポリ袋で肉だねを揉むと手軽に作れます。

ひき肉はスライスされた肉よりも傷みやすいので、その日のうちに使いきりましょう。特に、とり肉の場合は他の肉類よりも鮮度が落ちるのが早いので注意が必要。冷凍する場合は、生のままでなく加熱してから冷凍した方が安心ですよ。