NHKドラマで主題歌を初めて担当する松田聖子

写真拡大

11月24日(金)からスタートするドラマ「マチ工場のオンナ」(毎週金曜夜10:00-10:50NHK総合)の主題歌が、松田聖子の新曲「新しい明日」に決定した。

【写真を見る】主演の内山理名は、主題歌が松田聖子に決定して大感激!

同ドラマは、実業家・諏訪貴子の著書が原作。内山理名演じる専業主婦の有元光が、父・泰造(舘ひろし)の死をきっかけに町工場を継ぐことになり、さまざまな困難を乗り越えながら社長業に奮闘する。

制作統括を務める吉永証氏は、松田の起用理由を「女性をメイン視聴者に制作しているドラマのため、その人たちが憧れ、共感できる方に主題歌をお願いしたいと思っていました。

そんな中で真っ先に浮かんだのが松田聖子さんです。ご縁か、タイミングが良かったのか快く引き受けてくださり、すてきな曲を頂けたことに感謝しています」と明かした。

これが初めてのNHKドラマ主題歌担当となる松田は「1人の女性が、工場を守るために懸命に頑張っていくストーリーにとても感動し、つらいことがあっても努力して進んでいく主人公の姿に、胸がいっぱいになりました。

このドラマが教えてくれる人生の素晴らしさを主題歌にも込められますようにという思いで『新しい明日』という曲を作りました」と楽曲への思いを語った。

また、主演の内山は「歌詞の中にある『笑顔を忘れないで前を向いて』という言葉は、実際に私が主人公・光を演じる時にテーマにしていることです。聖子さんの美しくきれいな歌声の中に温かさも感じ、前向きなエネルギーが作品全体を包み込んでくれるかのように感じました」とコメントを寄せた。