ママ・ドラフト会議(R)1

写真拡大

 これだけ多くの女性が働くようになっても、日本では結婚・出産などを機に会社を辞める女性が少なくない。そして一旦職を離れると、復帰するのが難しいのが現状だ。だけど、有能な人材をそのままにしておくのは、本人にとっても社会にとっても損失。立川市で保育園付きコワーキングスペースを運営する「シーズプレイス」(東京)と、各地でふるさとテレワークに取り組む「コミクリ」(東京)、NPO法人「ママワーク研究所」(福岡市)は共同で、再就職を希望する社会人スキルの高いママと企業とのミートアップイベント「ママ・ドラフト会議in TAMA」を10月20日(金)に東京都立川市の、ららぽーと立川立飛で開催する。ドラフト会議に参加するママは、事前に研修を受けて選ばれたファイナリストたち。当日は企業の審査員を前に、自分の魅力などについてプレゼンテーションを行う。過去のドラフト会議では、その場で採用が決まった例も。ドラフト会議では、新しい働き方を模索しているママと、優秀なママ人材を採用したいと考えている企業との幸福な出会いを橋渡しするのが狙い。これから再就職を目指そうと考えているママには、先輩ママたちのチャレンジが参考になるかもしれない。