THE RAMPAGE、新曲「100degrees」MV公開 「今の僕たちを象徴している楽曲」

写真拡大

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、11月8日にリリースする4thシングル『100degrees』から、表題曲のMVを公開した。

(動画はこちら

 「100degrees」は、12月よりスタートする初の単独全国ツアー『THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 “GO ON THE RAMPAGE”』のキックオフシングルとなる楽曲。歌詞はJAY’EDが手がけているほか、ラップパートではメンバーの川村壱馬が自身初となる作詞に挑んだ。

 MVは、EXILE THE SEOND、三代目 J Soul Brothers from EXILEなども手がける二宮“NINO”大輔が監督を務め、“GO MY WAY-我が道を往く-”をコンセプトに制作されたという。二宮監督はTHE RAMPAGEならではの世界観を映像として表現するため、土臭さを意識してアンダーグラウンドな雰囲気のロケ地で撮影を行った。MVは全編通してモノクロの映像に仕上げられている。また、ダンスの振り付けを担当したLIKIYAは、「ラップ・パートにはDr.DREや2PACみたいなウェッサイな音が、がっつり入っているので、C-WALKとかのステップを使ったりして、カルチャーも大事に振りを考えました」とコメントしている。

 なお、THE RAMPAGEは、11月15日に韓国で開催されるアワード『2017Asia Artist Awards』への出演が決定している。(リアルサウンド編集部)