滝川クリステル新番組『教えてもらう前と後』全国で高視聴率スタート

写真拡大

10月17日にスタートした、滝川クリステル司会の新番組『教えてもらう前と後』(MBS/TBS系ネット)。19時より放送された初回2時間スペシャルの番組平均視聴率が、関東地区12.2%、関西地区12.5%を獲得したことがわかった。

滝川にとって、TBS系列では初のレギュラー番組&メインMC担当となる同番組。初回は、スペシャルゲストに池上彰を招き、北朝鮮のタブーである驚くべき軍事技術が取り上げられたほか、核・ミサイル開発における本当の実力を明らかに。また、金正恩委員長の髪形の謎の解明や、脱北者と元工作員へのインタビュー中継も行い、現在の北朝鮮の状況が伝えられた。このほか、皇室とお金のタブーにも迫り、戦前と戦後の皇室フトコロ事情の違いや、意外と質素な天皇家の暮らしぶりが解説された。

番組序盤、「富士山は、じつは日本ではない!」という池上彰の主張に神妙な面持ちの滝川だったが、解説を聞くと、納得の“滝クリスマイル”でニッコリ。このとびきりキュートな笑顔で、池上の豊富な知識を、存分に引き出して番組を盛り上げた。レギュラーの博多華丸・大吉、ゲストの池波志乃、皆藤愛子、中尾彬、堀田茜、萬田久子も池上の話を聞き、「なるほど」「そうだったのか」と驚きや感心の表情を見せていた。

その他の地区でも、名古屋地区が13.0%、札幌地区が14.7%、北部九州地区が14.0%、静岡地区14.0%、新潟地区14.4%、広島地区12.2%など、全11地区で2ケタという高視聴率を記録。なお、毎分最高視聴率は、関東地区では19時58分に15.0%、関西地区では20時30分に15.6%をマークした。