北京の新空港建設プロジェクトについて国内外の報道関係者に説明する、北京新空港建設指揮部の指揮長補佐を務める朱文欣氏(写真一番左、撮影・劉金海)。

写真拡大

スイス紙「ノイエ・チュルヒャー・ツァイツング」の中国駐在のマティアス・ミュラー記者は、「ここ数年の中国の変化は非常に大きい。今日、北京新空港プロジェクトを実際にこの目で見て、中国の発展スピードの速さにただ驚くばかりだ」と述べた。新華社が報じた。

【その他の写真】

16日午前、十九大(中国共産党第19回全国代表大会)取材のために国内外から北京に集まったメディア約40社の報道関係者は北京市大興区に赴き、新空港建設プロジェクトを取材した。ミュラー記者はその中の1人だった。

北京新空港建設指揮部の指揮長補佐を務める朱文欣氏は、「北京新空港の長期計画によると、年間旅客利用者数は延べ1億人以上に達し、年間400万トンの貨物取扱需要を満たす見込み。今期の工事は、2025年時点の旅客利用者数延べ7200万人、貨物取扱量200万トン、航空機発着回数62万回という設計目標にもとづき進められている。新空港の全体工事は、2019年7月竣工、10月に試行営業を実施する予定だ」と紹介した。

「澳門(マカオ)日報」の鉄怡記者は、「我々がこれまで関心を抱いていた新・旧空港の移転問題や空路・鉄道連携輸送問題について、今日この場で解決方法が得られた。新空港の建設プランは、極めて用意周到に組み立てられている。私は、新空港がより国際化されたハイレベルな空港になることを大いに期待している」とコメントした。

ガボン国営テレビのヤニック・メンガ記者は、「極めて偉大なプロジェクトだ」と感嘆し、「これは、ハイテク度が極めて高い空港だ。これらのハイテク技術を導入することで、市民に利益がもたらされるだけではなく、中国の飛行技術が非常に安全であると誰もが確信するだろう」と感想を述べた。(提供/人民網日本語版・編集KM)