熟年世代「今こそ生き方を変えたい」衝動

写真拡大

「自分はこのままでいいのか」。40代を過ぎたビジネスパーソンであれば、それは深刻な悩みだろう。「習慣化コンサルタント」を名乗る筆者は、「そのとき『行動』に移せるかどうかで、人生の満足度は大きく変わる」という。行動に移したことで、新たに「生きがい」をみつけることができたという45歳と52歳のエピソードを紹介しょう。

■40、50代「私の人生、今のままでいいのだろうか?」

「私の人生、今のままでいいのだろうか?」
「今の仕事で定年までいくのは耐えられない」
「一度しかない人生、納得できる生き方がしたい」
「本当の自分の心の声に従って生きたい」

40代を過ぎたビジネスパーソンの中には、こうした気持ちを抱いた経験がある人もいると思います。漠然とした不安や疑念。それを打開したいという除熱と焦り。心の奥底には、そうした感情が一緒になって眠っているはずです。

その解決は簡単ではありません。今回はこのような悩みを持った人からの相談から、「自らの生き方を見つけた」という事例をご紹介します。

▼ケース1:仕事に生きがいを見出せない小学校教師(45歳・女性)

Aさん(45歳・独身)は小学校の女性教諭です。公務員は給料も仕事も安定していますが、かなりの激務であり、また職員室を中心とした職場の人間関係は良好とは言えないそうです。クラス担任として子どもたちをケアする仕事にも、以前ほどのやりがいを見出すことができず、ここ数年は閉塞感を感じていました。

「自分らしいライフワークを見つけたいんです」

Aさんはそう私に心の内を語ってくれました。

相談を受けた私は、「Aさんが心からワクワクすることは何ですか?」と聞きしました。「ワクワクすること? えっと、何かな……」。Aさんは質問にすぐ答えることができませんでした。「子ども時代、学生時代、社会人時代で、時間を忘れてのめりこんだこと、ハマったこと、無条件に楽しめること……。何でも大丈夫です。どんなに小さなことでもいいので教えてください」。

しばらく頭をめぐらせたAさんは「ジャズ」というキーワードを口にしました。Aさんは大学時代にジャズ研究会に所属したことがありました。わけあって半年ほどで退部したものの、ジャズは当時も今も大好きだと言います。話していると、Aさんのジャズ好きはただ聞くだけにはとどまらないレベルであることがわかりました。そして、少し恥ずかしそうに、「実は、ジャズのボーカルに興味があるんです」と言いました。そこで、私は小さなチャレンジをすることを提案しました。

「初心者でも受け入れてくれるような、ジャズの同好会を探してみてはどうでしょうか?」

Aさんが「ジャズの会」とネット検索すると、比較的自宅に近く場所にジャズサークルがあり、そのレッスンに“ダメもと”で思い切って参加することにしました。すると、ここから運命が変わっていったのです。

■30年間「やるべきこと、すべきこと」をした結果は……

「ジャズで歌っているときの自分は、魂が表現することを喜んでいるんです」

Aさんはそんなふうに途中経過をしてくれました。どんどんジャズのボーカルとしての活動にのめり込んでいき、驚くことにサークルに参加してからわずか1年ほどで、ソロライブを開くまでに上達していました。

本業である小学校教諭の仕事にも変化が起こりました。以前はクラスを受け持ち、全教科を教えていましたが、音楽専門の教師として働けるようになったのです。

学校でもプライベートでも、音楽を通じて表現することが柱になったことで、かつて感じていた閉塞感やストレスは徐々に小さくなっていきました。教師の仕事は、子どもだけでなく保護者のケアも必要なので、激務に変わりはありません。しかし、今のAさんには心からワクワクする存在がある。

“ダメもと”で外の世界に挑戦したことが、人生を好転させ、輝かせたのです。ただ、あのまま何もしなかったら……。人生の満足度は残念ながら低いままにとどまったのではないでしょうか。

▼ケース2:どうしてもこのまま定年を迎えたくない大企業・女性管理職(52歳)

Bさん(52歳)は大企業の管理職として長年、貿易業務に携わってきました。50代になり2人の子どもが大学を卒業して独立。子育ても一段落し、定年が視野に入った段階で「今のままの人生でいいのか?」という心の叫びが聞こえてきました。

出世に興味がないわけではありませんが、それよりも「死ぬ前にこれだけはやりたいという生きがいや働きがいのようなものを見つけたい」という願望が強まり、それが抑えきれなくなって相談に来られました。

私は、Bさんに「どんなことに興味がありますか?」「これまでの人生でワクワクした活動はどんなことでしたか?」と尋ねました。

Bさんもなかなか回答が出てきません。ワーキングマザーとして、責任ある仕事のマネージャーとして、多忙な人生を過ごしてきました。「やるべきこと、すべきこと」が中心の30年間だったようです。

その結果、「自分がやりたいこと」を感じるセンサーが鈍くなっていたのです。そこで、私は言いました。

「ふだんの生活や身の回りのことで『○○したいな』と少しでも思うこと、それこそ『今日はイチゴが食べたい』といった小さなことから始めましょう」

 

■出世や地位よりも「自分が心からしたいことをしたい」

私のアドバイスを受けて、Bさんはエクセルに日記をつけるようになりました。毎日の小さな楽しかったこと、ワクワクしたことを、行動したことを言語化していきます。持ち前の真面目さと粘り強さで、それを3カ月、半年と続けていくと、Bさんの言動が徐々に変わりました。1年半を過ぎたところで、こう私に言ったのです。

「福祉の分野で貢献したいんです」

幸いなことにBさんの勤め先は、貿易業だけでなく福祉事業を手がけていました。そこで、リスクの少ない“組織内転職”のような形で、福祉分野に移ることになりました。マネージャーという「肩書」はなくなりましたが、Bさんにとって、それは大きな問題ではありませんでした。

50代からの新分野へのチャレンジは簡単ではありません。これから色々な壁にもぶち当たるでしょう。しかし、やっと見つけた「人生を投入できる仕事」です。Bさんが簡単にへこたれることはないでしょう。

もし、かつてのまま貿易業務の管理職として仕事をこなしていたら……。その人生は安泰だったかもしれませんが、惰性に流されたことで、「今のままの人生でいいのか?」という自らの心の叫びが絶えず耳に届いていたことでしょう。

▼魂の声を聞き、行動するということ

「人生における生きがい、働きがいを見つけたい!」

本人が100%腹落ちする生きがい、働きがいとは何か? ビジネスパーソンを常に悩ませる命題ですが、人生の折り返し地点を越えた年代になると、より重いテーマとしてのしかかってきます。

「答え」はその人の心のなかにしか存在しません。これだという答えをすぐさま発見することは極めて困難です。だから試行錯誤の末、考えることさえ諦めてしまう人が多いのも事実です。

東京からは遠く富士山を眺めることができます。しかし、それには条件があります。雲と霧がかかっていれば難しいですが、晴天(特に、雲や靄のない透明度の高い冬の空気)であればくっきりと眺めることができます。

「人生における生きがい、働きがいは何か?」の答えも、この現象に似ています。心に存在しているものは見えにくい。様々な雑念や感情で靄がかかっていると、その姿を認識するのは至難の業です。靄を取り除くためには、行動が必要です。小さなアクションでいいから行動する。そして、その都度、心と深く対話する。この地道な習慣を経て始めて、魂のメッセージを受け取ることができるのです。一朝一夕で見つけられる人はいません。

自分と対峙する作業はしんどいです。だから逃げる人も少なくありませんが、やってみる価値はあります。相談に来られた多くの方が、新しい人生を切り拓いていく姿を目の当たりにしてきた私は、自信を持ってそう言い切れます。

今回の2人のケースも、半年から2年ほど悶々とする期間を経て、道なき道を手探りで進みはじめ、小さな行動を積み重ねることで、「答え」にたどりつきました。ぜひ自身の心と深く対話する習慣を始めてみてください。あなたの心にかかった靄が取り除かれれば、「自分が死ぬまでに成し遂げたいこと」「人生で一番大切にしたいこと」がありありと見えてくるはずです。

(習慣化コンサルタント 古川 武士)