絞首刑に使われる縄(2014年10月8日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ジンバブエで10年以上空席になっている絞首刑の執行人を募集したところ、50人以上の応募があった。応募した人たちはこの仕事に「強い関心」を持っているという。当局者らが17日、明らかにした。

 ジンバブエでは前任者が引退した2005年以来、死刑は行われていない。2012年に新しい執行人の候補者が選定されたが、承認されなかった。

 司法相のバージニア・マブヒザ(Virginia Mabhiza)事務次官は地元紙ニュース・デイ(NewsDay)に対し「圧倒的な反響があり、男性と女性からの応募があった」と述べている。この数か月間で50件以上の応募があったという。一部調査によると、ジンバブエでは失業率が90%以上にも上っている。

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)などは、ジンバブエに対し死刑廃止を求めている。現在、国内では死刑囚92人が収監されている。

 マブヒザ氏は絞首刑の執行人が選任される時期や、死刑執行を近く再開させる予定があるのかどうかについては言及しなかった。
【翻訳編集】AFPBB News