画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは10月18日、発売中のAndroidスマートフォンのうち、Android 8.0 (Oreo)へのアップデートを予定している機種を発表した。開始時期や更新方法などの詳細については、提供準備が整い次第、順次アナウンスされる。

Android 8.0は「Oreo」のコードネームが付いた最新バージョン。主に動作や安定性の向上が図られており、起動時間の短縮やバッテリー消費の抑制を実現する。また、スマートフォンやタブレット向けの「Picture In Picture」などの新機能をサポートしている。

アップデートの対象機種は、2016年夏モデルから2017年〜2018年冬春モデルまで計21機種がリストアップされている。なお、2017年〜2018年冬春モデルの「Xperia XZ1 SO-01K」「Xperia XZ1 Compact SO-02K」「V30+」「JOJO L-02K」(ベースモデルはV30+)には、Android 8.0を標準搭載する。

対象機種は下記のとおり。

AQUOS ZETA SH-04H

AQUOS EVER SH-02J

AQUOS R SH-03J

AQUOS sense SH-01K

arrows NX F-01J

arrows NX F-01K

arrows Tab F-02K

dtab d-01K

Galaxy S7 edge SC-02H

Galaxy S8 SC-02J

Galaxy S8+ SC-03J

Galaxy Feel SC-04J

Galaxy Note8 SC-01K

MONO MO-01K

M Z-01K

V20 PRO L-01J

Xperia X Performance SO-04H

Xperia XZ SO-01J

Xperia X Compact SO-02J

Xperia XZs SO-03J

Xperia XZ Premium SO-04J