「もっとボーダーレスに」20周年TOGA 国立新美術館で凱旋ショー開催

写真拡大

 20周年を迎える「トーガ(TOGA)」が、東京で凱旋ショーを国立新美術館で開催した。12年ぶりとなる東京のショーでは、「HOLES、SUITS、CRUMPLED」をテーマにロンドンで行なった2018年春夏コレクションの演出を再解釈。東京でのショーは一度限りとしながら、「常に次のことを考えるのが私たちの仕事。過去は振り返りませんでした」と最新となる2018年春夏コレクションを披露することで、ファッションデザイナーとしての自身の哲学を貫いた。
 国立新美術館の入り口にあるエスカレーターからモデルが降りてくる演出で、最初に登場したのはシャツの襟ぐりを深く折り返し、片方の肩をあらわにしたメンズモデル。ショー前半部分はテーラードを中心に構成され、絞ったウエスト、エルボー部分を尖らせたパターン、パンツ裾のスリット、ハイウエストのパンツにショート丈のジャケット合わせたりと、スーツの概念を取り払ったディティールを散りばめた。後半部分には、アシンメトリーなドレスなどエレガントなスタイルに転換。メンズモデルも着用したワンピースなど、象徴的に使用されたスラッシュフォルムについては、第2の皮膚となる衣服に空洞を作ることで新しく表出された肌を「第3の肌」とし、ボーダーレスを開放するという意味を込めたという。
 国立新美術館を会場に選んだ理由についてデザイナーの古田泰子は、「ロンドンでは歴史的な建造物で見せることが多かったですが、東京では現代的な建物でやりたいと考え、美術館を選びました」とコメント。公私ともに親交のあるスタイリスト北村道子と初タッグを組み、もともと性別に関わらず自由に着用する顧客が多かったという理由から、メンズモデルを加え「日本ももっとボーダーレスに対してオープンになっていくべき」というメッセージをコレクションを通して発信した。