18日、韓国メディアによると、韓国の朴槿恵前大統領が、収監中の拘置所で深刻な人権侵害を受けているとの主張が出た。資料写真。

写真拡大

2017年10月18日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が、収監中の拘置所で深刻な人権侵害を受けているとの主張が出た。さらに、この主張が含まれた文献が、現在韓国の人権報告書を作成している国連人権委員会に提出される予定であり、韓国内で波紋が広がっている。

米CNNは17日(現地時間)、朴前大統領の国際法律チームを務めるMHグループから、朴前大統領の人権侵害を主張する内容が含まれた文献の提出を受けたと報道した。CNNによると、文献には「朴前大統領は冷たく汚い監房に閉じ込められており、監房は十分な睡眠がとれないようずっと電気が付けられている」との内容が書かれている。

MHグループはこのような内容の人権侵害疑惑を含む草案をすでに作成し、同日中には正式に国連人権委員会に文献を提出する予定だという。草案には朴前大統領が腰痛や膝、肩の関節炎などの慢性疾患と栄養不足に苦しんでおり、状態は悪化する一方だがまともな治療が受けられていないとの内容も含まれている。

MHグループ代表はCNNとのインタビューで「私たちのチームはこの問題を必要な最高レベルまで持っていく準備ができている」とし、韓国政府が朴前大統領の人権を保障する行動を見せるよう求めた。

これに先立ち、朴前大統領は今月16日、自身に対する勾留延長を認める令状が発布された後、文書を通じて「拘束されて裁判を受けたこの6カ月間は惨たんたる時間だった。さらなる勾留が必要との決定を受け入れられない」との立場を表明していた。

これについて、韓国のネットユーザーからは「お姫様気取りは相変わらずなんだね」「朴槿恵は自分が何をしたか分かっているの?無期懲役を言い渡してほしい。犯した罪を一生かけて償うべき」「拘置所をホテルと勘違いしているのか?」「大統領府で使っていたベッドを運び入れろと言っているの?ずうずうしい」など朴前大統領に対する批判的な声が数多く寄せられている。

また、「国の品格が…。これ以上、国に迷惑を掛けないで」「恥ずかしい思いをするのはいつも国民」「国の恥をさらすのもいい加減にしてほしい」など外国で報じられたことを恥じる声も。

その他「まるで皇帝のような収監生活を送っていると数日前に議員が言っていたけど…?」との情報や、「1人でいるから自分だけが苦しいと勘違いしてしまう。他の収監者と同じ部屋で過ごさせればいい」との提案も見られた。

一方で「歴代の大統領に比べて朴槿恵の扱いはひど過ぎる」と指摘するユーザーや、「罪があってもなくても朴槿恵の有罪判決は確実。韓国で一番強力なのは世論だから」との懸念を示すユーザーもいた。(翻訳・編集/堂本)