JR西日本は、車載型IC改札機を初導入し、まずは境線で交通系ICカード乗車券に対応させる。実施は2019年春。

2019年春から新たにICOCAなどの交通系IC乗車券(Kitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・PiTaPa・はやかけん・nimoca・SUGOCA)が利用できるエリアは、境線 米子〜境港駅間。列車内に設置されたIC改札機にピッとICカードをかざすことで、きっぷの購入や降車時精算などの手間がなく乗降できる。

また、境港駅には、IC専用型改札機を設置。都市圏と同様、交通系ICカード乗車券でピッとかざして駅の出入り・列車乗降ができるようになる。