ACLのトロフィー【写真:Getty Images】

写真拡大

17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦、アル・ヒラル対ペルセポリスFCの試合が行われ、2-2の引き分けに終わった。この結果、合計スコアを6-2としたサウジアラビアのアル・ヒラルが決勝進出を果たしている。

 イランのペルセポリスは、この日は中立地オマーンのマスカットに相手を迎えての一戦となった。アウェイでの第1戦を0-4で落としていることもあり序盤から攻勢に出たペルセポリスは16分に先制点を奪取する。しかし、30分には相手のFWオマール・ハルビンに決められてしまい前半を1-1で折り返した。

 後半も先に試合を動かしたのはホームのペルセポリス。62分に待望の勝ち越し点を取り追撃を目指した。しかし76分、再びオマール・ハルビンが反転シュートでゴールを突き刺すと試合は振り出しに。結局、ペルセポリスは大きく離れた点差をつめることはできず、ホームでのアドバンテージを守り切ったアル・ヒラルが決勝への切符を勝ち取った。

 決勝は11月18日と25日にそれぞれ第1戦と第2戦が行われる。対戦相手は、18日に行われる浦和レッズ対上海上港の勝者となっている。

text by 編集部