▽NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は18日、ブラインドサッカー日本代表の強化指定選手を発表した。かつて横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、徳島ヴォルティス、栃木SC、FC東京でプレーし、現在はFC東京アカデミーコーチのGK榎本達也が選出されている。

▽ブラインドサッカー日本代表は、11月3日から5日にかけて強化合宿を開催。その後、12月9日から18日にかけてマレーシアで行われるIBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2017に出場し、アジアチャンピオン、2018年6月にスペインのマドリードで開催される世界選手権2018出場権獲得を目指す。

▽ブラインドサッカー日本代表に選出された榎本は、FC東京のクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「日本代表に選出していただき、大変光栄です。代表メンバーとして初めて臨む公式戦ですが、日本のために力を尽くして頑張ります。アジア選手権は世界選手権への切符もかかっている大会なのでその切符を勝ち取れるように、まずはアジアのチャンピオンを目指して戦いたいと思います」

▽今回選出されたブラインドサッカー日本代表メンバーは以下のとおり。

●ブラインドサッカー日本代表メンバー(9名/FP:7名、GK:2名)

GK

佐藤大介(たまハッサーズ)

榎本達也(FC東京アカデミーコーチ)

FP

川村怜(Avanzareつくば)

田中章仁(たまハッサーズ)

黒田智成(たまハッサーズ)

日向賢(たまハッサーズ)

加藤健人(埼玉T.Wings)

寺西一(松戸・乃木坂ユナイテッド)

佐々木ロベルト泉(Avanzareつくば)