2017年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞したRussell Hobbsのカフェケトルとトースター

写真拡大

 大石アンドアソシエイツが販売しているRussell Hobbs(ラッセルホブス)の電気ケトル「Russell Hobbsカフェケトル7410JP」と、ポップアップ式トースター「Russell Hobbsクラシックトースター13766JP」が、「2017年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞した。

 「カフェケトル7410JP」は、カップ1杯分を約60秒で沸騰できるスピード沸騰、湯量を調整しやすい注ぎ口、持ちやすいハンドルなどで人気の電気ケトル。安全面に配慮し、万が一、水が入っていない状態でスイッチを入れても電源が切れる空焚き防止機能を搭載する。容量は1.0L。

 「クラシックトースター13766JP」は最大5枚切りの厚さの食パン・山型食パンを、中の水分を閉じ込めたま、表面はカリッと中はふんわりと焼き上げる。デザインは、1980年代から現在まで変更しておらず、ラッセルホブスブランドの定番となっている。

 グッドデザイン・ロングライフデザイン賞は、発売から長年にわたり人々から支持され続け、これからも変わらずに存在し続けて欲しいデザインに贈られる賞。「カフェケトル7410JP」は機能とデザインのバランスの良さ、同じく「クラシックトースター13766JP」は、「みんなの記憶の中にある最もトースターらしいトースター」と、トースターらしいレトロなデザインが評価された。