OnePixcelが10月18日に1stフルアルバムを発売

写真拡大

ガールズユニットOnePixcelが1stフルアルバム『monochrome』をリリース。さらに10月22日(日)には東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで「2nd Anniversary LiVE」を開催する。立て続けとなるビッグイベントを前に、メンバーの鹿沼亜美、傳彩夏、田辺奈菜美にインタビュー。ロングインタビューその(1)では、新アルバムについて語ってもらった。

【写真を見る】OnePixcelが1stフルアルバムの収録曲について熱く語る

―― 1stアルバムはどんなアルバムですか?

鹿沼:かわいい曲、格好いい曲、大人っぽい曲、オシャレな曲、ライブで楽しめる曲がギューっと詰まったアルバムです。

田辺:表題曲の「monochrome」を最初に聞いたとき「大人だなー」って思いました。

鹿沼:今までは「ウェーイ!」って勢いのある曲が多かったんですけど、これは(難しそうで)歌えないなって。

傳:初めてのミディアムバラードで、今までになかった曲調だもんね。

田辺:最初1人ずつ歌ったときも難しくてやばかった…歌割りも大変だったよね。

鹿沼:「こんな大人っぽい歌を歌えるようになったのか」ってしみじみとうれしいのが8割、「あー大人になりたくないな」っていうのが2割(笑)。

田辺:PVもすごい格好つけて撮ったしね。

傳:格好つけた!

――シングル曲については?

鹿沼:「TONDEKE」は“ザ・自分たちの曲”って感じです。

傳:全部自分たちの曲だけどね(笑)

鹿沼:そうなんだけど(笑)、一番“ワンピクらしい”曲かな?

傳:去年の夏から一番歌っているしね。

鹿沼:だからこそ、より思い入れの強い“ワンピクの曲”だなって。

傳:ある意味、元祖的な曲です。

田辺:「ダンスちゃんとやろう!」ってなった時の曲でもあるし。

鹿沼:ライブでもたくさん歌っていて、ファンの方も踊ってくれるようになったので大好きな曲。友達にも「いい曲だね」って言われます。

傳:振り付けも簡単で“秒”でできるので、ぜひライブで一緒に楽しんでほしい曲です。

鹿沼:「Analoganaize」も“ザ・OnePixcel”な曲ですね。

田辺:また!?(笑)ライブ曲でもあり勝負じゃない?「Analoganaize」をライブでやればワンピクを分かってもらえると思うし。「傳ちゃんのダンスを見てください」って曲でもありますね。

傳:歌もすばらしいです(照)! TIFとかリリースイベントで披露すると私たちのことを知らない人も「何だ?」って見てもらえるような曲だから、やっぱ勝負曲だね。

鹿沼:かっこいい曲だよね。みんな(ステージ上で)暴れるように踊るし

田辺:一回体力を使いきろう、みたいな。

鹿沼:ライブの一発目でやるとイントロからスイッチが入って3人ともやばいよね、勢いつきすぎちゃう(笑)。逆に「sora」「Time」は初めて大人っぽくて爽やか系な曲になったから大変だったね。

田辺:「Analoganaize」「TONDEKE」の印象が強くて、最初聞いたときは「ワンピクらしくないな」って思って。かといって他のグループが歌ってるイメージもできないので、結局ワンピク“らしい”曲なんです(笑)。ライブなどでやっていくうちに自分たちの曲になったような気がしてきました。

鹿沼:「Time」の振り付けの一部は亜美と傳ちゃんで考えたんだよね。「Time」だから時間っぽいことしたいなって思って3人で時計の針を模したポーズを作って。

傳:時計屋さんに飾ってある時計ってきれいな角度で統一されてますよね。その時間を調べて、10時10分前後になるように振りを考えました。

鹿沼:ジャケットの写真でもそれをイメージして作ったね。

田辺:私秒針だった。あれ、手つりそうだったよ(笑)。

鹿沼:ちなみに、今は時間変わって10時20分くらいだ(笑)。

――それぞれがアルバムで好きな曲を挙げるとしたら?

傳:「Blue Ocean」が大好きです。最初は「何だこれ!? 難しくない?」って思ったんですけど、聞いていくうちにどんどん好きになって…スルメ曲ですね(笑)

鹿沼:イントロが格好よくてすぐに好きになったんですが、歌ってみると難しくて「聞くのは好きだけど歌うの嫌だな」って(笑)。でも、生バンドで演奏したら格好いいと思います!

田辺:ギターの音が独特だよね。

鹿沼:そう、ミステリアス!

田辺:曲が変則的なんですよね。どこがサビかも分からなくなったり。

鹿沼:そうそう、でも(ファンの)みんなも絶対好きになると思う。歌詞もミステリアスだよね。

傳:アイドル界でワンピクはこっちの海(ブルーオーシャン)に行こうみたいな。

鹿沼:よく言った! それだ!

田辺:「迷路のような道を」って歌詞が出てきて、「どこまでも行こう」って続くんです。私たちは(アイドルグループとしての)ジャンルが(定まって)ないから、先が分からないみたいな。それを昨日考えていて、「ワンピクと被ってる」ってドキドキしました。

鹿沼:「Blue Ocean」の歌詞とワンピクを重ねると、より想像できるよね。

田辺:歌詞をじっくり読んで欲しい!

鹿沼:私は「seven colors」が好き。

田辺:私もそれ言おうとした!

鹿沼:音楽も振り付けもかわいくて、すごくハイテンションになれるんです。「なんてね」っていうフレーズがあるんですけど、ライブバージョンでしか聞けないメンバーそれぞれの「なんてね」があるんですよ。個人的には2人(田辺、傳)のフレーズをライブで早く聞きたい。リハで聞いたとき本当にかわいくて、本当に! 

田辺:ファン目線じゃん(笑)。亜美だけ、おふざけモードな「なんてね」だよね。

鹿沼:リハでかわいくやってみたけど、やっぱり亜美だけふざけた感じになっちゃって

田辺:一番キラキラしてる曲だけど、少し恥ずかしいんだよね。

傳:「Cinderella Girl」みたいにキュンキュンする曲だね。「二人で一つのunbrella(傘)」ていう歌詞があって。

田辺:前、雨の日に街中で亜美と傳ちゃんが「二人で一つのunbrella」って歌いだしちゃって、しかもちょうど目の前を歩いてるカップルが相々傘しててね(笑)。

鹿沼:めっちゃ見られちゃったね(笑)。でも、「相々傘」じゃなくて「二人で一つのunbrella」ていう歌詞は本当いいよ(ニヤニヤ)。

田辺:めっちゃ照れてるじゃん!(笑)

田辺:私というか姉が「S」が好きみたいで、毎日聞かされるんです。覚えやすくてライブでみんなで歌える曲だなって思うし、これがまたかわいい歌詞なんです。

傳:キッズ的なかわいさじゃない? 子供っぽいかわいさ。

鹿沼:スーパーヒーローの「S」なんですよ。サビの「レッツゴー」っていう部分をお客さんとコール&レスポンスするのが楽しみ

田辺:あと私のお薦めは、傳ちゃんの「レッツゴー」が本当にかわいい。

傳:ありがとうございます(照)。

―― CDジャケットの写真も格好いいですね?

傳:写真に映ってるエスカレーターの部分は格好いいんですけど、見切れている部分は結婚式場なんです。

田辺:少しでもその部分が映ったり、反対のエスカレーターに人が来るとNGだから何回も撮り直して…

傳:カメラマンさんとの段差も6段とか決まっていて…

鹿沼:本当に一瞬の戦いだったね、エスカレーター乗った瞬間に格好つけたり。

田辺:合計で30往復ぐらいエスカレーター乗ってたよね

鹿沼:乗りすぎて、最後の方は爆笑しながら撮ってました。

――レコーディング中のエピソードはありますか?

鹿沼:滑舌が悪過ぎて、何回もレコーディングし直しました。「monochrome」の歌詞の「辿るヒストリー」が「だどるヒストリー」に聞こえていみたいで…(笑)

傳:亜美が遅いからどんどん私たちの出番が遅れちゃって(笑)

田辺:傳ちゃんと私はテスト期間だったのでスタジオの外でテスト勉強していたんですが、亜美2時間くらい帰って来なかったよね(笑)。

鹿沼:今までで一番キツいレコーディングは「Analoganaize」(若干噛み気味)だったんですけどね。

【ロングインタビューその(2)は10月19日(木)朝7時アップ予定】