画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「M Z-01K」(ZTE製)を発表した。2018年1月以降の発売予定で、端末価格は未定。

M(エム) Z-01Kの最大の特徴は、ディスプレイを2つ搭載した2画面構成を採用していることだ。折りたたむと一般的なスマートフォンと同じように利用でき、画面を開いて2画面構成にすると約6.8インチの大画面スマホとして活用できる。なお、構造上、折りたたみ面は画面側が外側になる。

Android 7.0から搭載されたマルチウィンドウ機能を利用しており、動画を観賞しながらSNSでメッセージを送ったり、地図アプリを表示させながらブラウザで周辺情報を調べたりといった実用的な使い方を実現。2つのディスプレイを合わせた大画面で動画を楽しむこともできる。「モード切替ボタン」も用意し、1画面、2画面、大画面、ミラーの4つのモードを簡単に切り替え可能。利用シーンに合わせて最適な表示モードを選択できる。

画面を途中まで開いてスタンドスタイルで使うなど、今までのスマートフォンではできなかった画面別でのマルチタスクに対応した意欲作となっており、ドコモ主導で企画した新スタイルスマートフォンとしてグローバル展開も予定されている。主な仕様については以下の通り。

OS: Android 7.1

CPU: クアッドコア/2.2GHz+1.6GHz

内蔵メモリ: 4GB

ストレージ: 64GB

外部ストレージ:microSDXC/microSDHC/microSD(最大256GB)

サイズ: W72×H151×D12.1mm(予定)

重量: 約230g(予定)

ディスプレイ(解像度): 約5.2インチ TFT×2(1,920×1,080ピクセル)

メインカメラ: 約2,030万画素

インカメラ: ―

バッテリー容量: 2,930mAh

連続待受時間: (測定中)

通信速度: 受信最大500Mbps/送信最大50Mbps

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

防水/防塵: ―/―

生体認証: ○

ワンセグ/フルセグ: ―/―

接続端子: USB Type-C

カラーバリエーション: Black