2017年7月にGoogleストリートビューがついに宇宙に進出し、国際宇宙ステーション(ISS)などが探索可能になりました。そして現地時間の2017年10月16日(月)、Googleが新たに宇宙写真を追加し、水星・金星のほか、さまざまな衛星などが探索できるようになっています。

Space out with planets in Google Maps

https://www.blog.google/products/maps/space-out-planets-google-maps/

Google Maps now lets you explore more than a dozen planets and moons - The Verge

https://www.theverge.com/2017/10/17/16489360/google-maps-cassini-enceladus-venus-pluto-space-images

Googleマップで宇宙を探索するには以下のページにアクセス。

Google マップ

https://www.google.com/maps/@0,-95.677068,22963938m/data=!3m1!1e3

Googleマップの宇宙探索は、まず地球が現れるところから始まります。



画面左には探索できる星のリスト。これまで公開されていた月・火星・ISSなどのほか、今回新たに、水星や金星、木星の第1衛星であるイオ、第2衛星エウロパ、第3衛星ガニメデや、準惑星ケレスなどが加わりました。



また、日本時間で2017年9月15日の19時30分ごろ、NASAやESA(欧州宇宙機関)などが運用してきた土星探査機「カッシーニ」が土星の大気圏に突入し、猛スピードによる高熱と高圧のために燃え尽きてその生涯を終えました。カッシーニは20年もの間に約50万枚もの写真を撮影しており、今回Googleマップに追加された画像は、ディオネ、レア、タイタン、イアペトゥスなど、カッシーニによる土星の衛星写真も多く含まれます。土星の第2衛星エンケラドゥスに飛んでみるとこんな感じ。衛星の写真上には地名も表示されています。



マウスでぐりぐりすると星を回すことが可能。



新たに追加された衛星の1つであるミマス



ズームイン・ズームアウトで表面の凹凸までしっかり確認可能。Ctrl+ドラッグで3Dモードで見ることができます。



エウロパ



イオ



ケレス



タイタンも追加されていました。