画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは10月18日、2017-2018年冬春モデルとして、Androidスマートフォン「V30+ L-01K」(LGエレクトロニクス製)を発表した。2018年1月以降に発売予定し、端末価格はMNP・新規契約・機種変更のいずれも未定。

V30+は、2016年冬春モデルの「V20 Pro」の後継製品で、6.0インチの有機ELディスプレイを採用したハイスペックモデル。最新OSであるAndroid 8.0を搭載する。狭額縁ディスプレイにより、コンパクトな本体サイズを実現。手の小さな女性でも快適に操作できるように仕上げられている。

締まりのある黒や色再現性など有機ELならではの特色を生かす。GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に対応し、より没入感の高いVR体験が得られるとしている。さらに「Hi-Fi Quad DAC」やBang&Olufsenのチューニングによるサウンド機能を備え、映像や音楽を重点を置いて機能を盛り込む。また、高品質ながらファイルサイズを抑えたハイレゾオーディオフォーマットMQA(Master Quality Authenticated)をLG製スマートフォンとしてはじめて対応する。

メインカメラは1,650万画素+1,310万画素のデュアル広角カメラ(F値1.6)のデュアルカメラで、外側のレンズに透過性の高いガラス製「クリスタルクリアレンズ」を採用し、より明るい写真や動画が撮影できるという。このほか、新機能の「CINE VIDEO MODE」により、豊富なフィルターや、画面中央ではなく対象部分のズームなどが可能だ。

なお、V30+の発売開始からVRキャンペーンを展開する予定で、V30+の購入者全員にヘッドマウントディスプレイ「Daydream View」がプレゼントされる(詳細は後日発表される予定)。

カラーバリエーションは、Cloud Silver、Aurora Blackの2色。主な仕様については以下の通り。

OS: Android 8.0

CPU: オクタコア/2.45GHz×4+1.9GHz×4

内蔵メモリ: 4GB

ストレージ: 128GB

外部ストレージ:microSDXC/microSDHC/microSD(最大256GB)

サイズ: W75×H152×D7.4mm(予定)

重量: 約158g(予定)

ディスプレイ(解像度): 約6.0インチ POLED(2,560×1,440ピクセル)

メインカメラ: 約1,650万画素+約1,310万画素(デュアル)

インカメラ: 約510万画素

バッテリー容量: 3,060mAh(予定)

連続待受時間: (測定中)

通信速度: 受信最大788Mbps/送信最大50Mbps

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

防水/防塵: ○/○

生体認証: ○

ワンセグ/フルセグ: ○/○

接続端子: USB Type-C

カラーバリエーション: Cloud Silver、Aurora Black