画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春の新モデルとして、Androidスマートフォン「AQUOS sense SH-01K」(シャープ製)を発表した。11月上旬発売予定で、端末価格は一括で2万円〜3万円台(docomo with対象機種)。

AQUOS sense SH-01Kは、ドコモの2016-2017年冬春モデル「AQUOS EVER」の後継となるモデルで、5.0インチのフルHD IGZOディプレイを採用。メモリ3GB、ストレージ32GBを搭載するなど基本スペックも充実しており、持ちやすくコンパクトなデザインにより高い操作性も実現している。

今回発表された新製品の中では、フルHDディスプレイを搭載した唯一の「docomo with」対象機種となっており、コストパフォーマンスに優れたモデルといえる。また、2,700mAhのバッテリーと省電力IZGOの組み合わせで、充電を気にせず長時間利用することが可能。人工知能「エモパー」もさらに進化し、指紋認証によりロック解除にも対応。前モデルに比べて使い勝手は大きく向上している。

カラーバリエーションは、Champagne Gold、Frost Lavender、Silky White、Velvet Blackの4色。主な仕様については以下の通り。

OS: Android 7.1

CPU: オクタコア/1.4GHz×4+1.1GHz×4

内蔵メモリ: 3GB

ストレージ: 32GB

外部ストレージ:microSDXC/microSDHC/microSD(最大256GB)

サイズ: W72×H144×D8.6mm

重量: 約148g

ディスプレイ(解像度): 約5.0インチ IGZO TFT(1,920×1,080ピクセル)

メインカメラ: 約1,310万画素

インカメラ: 約500万画素

バッテリー容量: 2,700mAh

連続待受時間: (測定中)

通信速度: 受信最大150Mbps/送信最大50Mbps

Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n

防水/防塵: ○/○

生体認証: ○

ワンセグ/フルセグ: -/-

接続端子: USB Type-C

カラーバリエーション: Champagne Gold、Frost Lavender、Silky White、Velvet Black