「えびの豆腐クリームドリア」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:秋元薫 撮影:福岡拓

写真拡大

お米を使った料理にはチャーハンやパエリアなどがありますが、寒くなってくると食べたくなるのがアツアツのドリア。とろ〜り溶けたチーズと絡み合う米が絶品です。今回は、えびとご飯のハーモニーを楽しめるえびドリアをご紹介。意外と簡単に作れるのでチャレンジしてみましょう。

ほかにもいっぱい!「ドリアのレシピ」をチェック!

■ 【えびの豆腐クリームドリア】(500kcal、塩分2.5g、調理時間20分)

<材料・2人分>

むきえび 150g、ピザ用チーズ 適宜、絹ごし豆腐 1/3丁(約100g)、さやいんげん 1/2袋(約60g)、クリームコーン缶 小1缶(約190g)、温かいご飯 茶碗2杯分、顆粒スープの素 小さじ1、バター、塩、こしょう

<作り方>

1. いんげんは長さを斜め4等分に切って耐熱皿に入れ、ラップをふんわりとかけて電子レンジで約2分30秒加熱する。豆腐は木べらで潰す。えびは背わたを竹串で取り除く。

2. フライパンにバター10gを溶かし、えびを入れて炒める。色が変わったら、クリームコーン、豆腐、いんげん、スープの素と、塩、こしょう各少々を加えて全体をよく混ぜ合わせる。豆腐は木べらでしっかり潰し、ほかの材料とともに加える。よく混ぜて、全体をなじませる。

3. 耐熱皿にご飯を盛り、2をかける。ピザ用チーズを散らし、オーブントースターでこんがりと焼き色がつくまで約3分焼く。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

電子レンジやフライパン、オーブントースターを上手に活用すれば、時間がかかりそうなドリアも短時間で完成します。

■ 【えびマヨドリア】

レタスにマヨネーズがよくからんだドリア。電子レンジで作れるので、オーブントースターがない人は試してみて。

■ 【極うまえびドリア】

ホワイトソースにケチャップを加えて煮るのがコツ。ほんのり甘みが加わって親しみやすい味わいになります。

■ 【えびとコーンのドリア】

カレー粉をご飯に入れてアクセントに。子どもも喜ぶ味。

■ 【えびマヨドリア】

お皿に具材とチーズを乗せて焼くだけでOK。ケチャップを均一に絞るようにしましょう。

これから寒くなってくる季節、手軽に作れるのでぜひたくさん作ってみて。