出典:https://www.shutterstock.com

付き合ってだいぶ経つし、愛されているとは思う……。

それなのに、“結婚”を切り出すと急に逃げ腰になる彼。「いつかは……」って一体どういうこと? 今回は「まだ結婚したくない!」という男性たちに理由を聞きました!

 

■面倒が増える気がする

「結婚って面倒が増えるイメージ。自分のことだけでも大変なのに、相手のことやお互いの家のことも気にしなきゃでしょ。とてもじゃないけど、好きだけで突っ走れない。同棲してる今の方が気楽で楽しいと思う。」(32歳/コンサル)

結婚したら相手の責任も負わなくちゃ……と気張ってしまう男性は多いもの。自分のことを守るだけでも精一杯中、相手の家族のことまで考えるとなると、気が重くなってしまうのでしょう。

そんな彼には「責任を負うのはお互い様」ということを伝えてみては?

彼の負担を減らすために協力する姿勢を見せることで、彼も結婚へのモチベーションが上がるかもしれません。

 

■時間とお金が自由じゃなくなる

「結婚したら自分の時間がなくなるんでしょ?給料も家庭に入れなきゃいけないし……。自分の時間とお金は、きっちり自分に投資してまだまだ自己成長していきたいんだよね。」(35歳/メーカー)

働きざかりで向上心の強い男性の場合、時間やお金を自分のために使い、成長していきたい気持ちがあるようです。

けれども、結婚後も2人のやり方次第で夢は追えるものです。

お互いがさらに成長できるように、束縛をしないというスタンスの夫婦もいます。

自由度の高い結婚なら、独身時代よりもむしろ有意義な人生にすることができるでしょう。時間とお金の自由を気にする彼の場合、結婚前に夫婦のルールを決めておくことをおすすめします。

 

■今カノが最愛の人だと思えない

「申し訳ないけど、今の彼女よりいい人がまだまだこれから先出てくるんじゃないかと思ってしまう。だって男は30過ぎてからでしょ?仕事もできるようになるし、稼ぐようになるし、結婚するならもっといい女がいいな。」(28歳/証券)

こんなことを言う男性の場合、「本当に愛すべき相手はあなただけだ」と悟ってくれるのが理想ですが、そうでない場合にはお別れした方がいいのかもしれません。

次にいい人が現れるまでのキープにされては、自分の大切な時間を棒に振ることになります。結婚自体がNOなのか? それとも、あなたとの結婚に乗り気じゃないのか?をはっきりさせましょう。

 

■家族を養える自信がない

「もう少し仕事が落ち着けば結婚したいけど、まだ平社員だし、男のプライドが……。しっかり貯金して、稼いで、養えるようになってからじゃないと家の大黒柱になんてなれないと思う。」(32歳/金融)

仕事が軌道に乗るまでは、結婚なんてできないと思っている男性は意外と多いようです。

結婚後、女性に苦労をかけたくないという気持ちと、家計を支えることへのプレッシャーもあるのでしょう。

こういった彼には「彼を支えたい」というありのままの想いを伝えましょう。苦労を共にするのも結婚なのですから、独身時代から支えるのも素敵だと思いますよ。

いつか彼の努力が実を結んだとき、あなたに深い感謝を寄せることもあるでしょう。

 

結婚をためらっている彼には、改善策を提案したり、結婚のメリットをアピールしたりすることで、気持ちを動かせるかもしれません。お互いが幸せだと思えるような結婚の形を、彼と模索していきましょう。

【画像】

※ Sjale/shutterstock