秋に差し掛かり涼しくなったからといって、体臭予防を忘れてはいませんか? 実は、夏に溜まった疲労などにより、秋はイヤなニオイが出やすい季節。そのニオイの原因は、もしかすると”皮膚ガス”かもしれません。今回は、”皮膚ガス”による秋のイヤな体臭を減らす方法をご紹介。

 

ニオイの原因は皮膚ガスかも!?

9月23日放送の「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で、秋の体臭について取り上げられました。

 

体臭といえばわきのニオイや加齢臭を気にしがちですが、原因は“皮膚ガス”かも。皮膚ガスとはオナラなどと同じ人の体から出る生体ガスの一種で、体の表面から出ている300種類以上のガスの総称を指します。

 

皮膚ガスは子どもからお年寄りまで誰の体からでも出ていますが、通常はほとんど臭わないのだそう。睡眠不足や疲労などで体調がすぐれない時やストレスを感じている時に、イヤなニオイの皮膚ガスが発生します。

 

体の健康状態を表すサインにもなる皮膚ガスですが、一体どうすれば抑えることができるのでしょうか。

 

皮膚ガスセルフチェック

イヤなニオイを放つ皮膚ガスを減らす方法を教えてくれるのは、皮膚ガス研究の第一人者・関根嘉香先生。

 

まずは自分で簡単にできる皮膚ガスセルフチェック方法を教えてくれました。以下の10個の項目の中から自分に当てはまるものがいくつあるか数えてみましょう。

 

1.お酒をよく飲む

2.タバコを吸う

3.肉や魚をよく食べる

4.香辛料を好んで使う

5.汗がベトベトする

6.心配性または緊張しやすい

7.普段あまり運動をしない

8.夜更かしをすることが多い

9.入浴はシャワーで済ます

10.除光液や接着剤など、シンナーが含まれたものをよく使う

 

この10項目のうち、5つ以上当てはまる人は要注意。もしかしたら周りの人が「くさい…」と感じているかもしれません。

 

入浴と運動でにおいを軽減できる

関根先生によると皮膚ガスが出るルートは3つあり、そこからくさいガスが出ないように対策しなければならないそう。

 

対策方法としてまず初めに紹介されたのが「皮膚の表面からのニオイを消す」方法です。そのために有効なのが「正しい入浴」。シャワーだけではニオイの原因になる皮脂が落ちないことがあるので、しっかりとお湯につかることが大切です。

 

入浴の時に注意したいのが「ゴシゴシ洗い」。ゴシゴシ洗いすぎると余計に皮脂が分泌して入浴前よりくさくなってしまうので、肌は優しく洗うようにしましょう。

 

2つめは「汗腺からのニオイを消す」方法。これに有効なのが「運動」です。

 

ポイントは、汗腺を衰えさせないために汗をかくまで運動すること。おすすめは朝30分以上のウォーキングです。汗をかいたら必ずシャワーを浴びて洗い流すのを忘れないようにしてくださいね。

 

3つめは「血液からのニオイ」を消す方法。血液からのニオイは体の中でつくられているので、いくら皮膚を拭いてもニオイは消えません。

 

血液からのニオイを取り除くのに効果的なのが「シジミ」。血液からのニオイは肝機能の低下が原因なので、肝機能を助ける「オルニチン」という成分が豊富に含まれているシジミが有効なんだそうです。1日1杯以上シジミのみそ汁を飲むだけでかなりの効果を得られるので、朝ごはんなどに用意するとよさそう。

 

「入浴」「運動」「シジミ」の3つを毎日の生活に取り入れるとイヤな皮膚ガスのニオイも消えるはず。秋だからといって油断せずに、しっかりとニオイ対策を施しましょうね。

 

 

文/プリマ・ドンナ